トレンド総研は2月15日、おうち時間の増加で注目度が高まりつつある「クラフトジュース」に関する調査結果を発表しました。同調査は2021年1月に20~40代の女性500名を対象にインターネットで行われたもの。
 

「クラフトジュース」とは?

素材、無添加、人の手を加えたこだわり志向の「クラフトジュース」

クラフトビール、クラフトコーラなど、素材選びや製法にこだわった「クラフトドリンク」の中でも、厳選された素材、無添加、人の手を加えたこだわり志向の「クラフトジュース」。野菜や果物などの素材を活かし、健康志向が高まる中、ビタミン摂取や健康維持などの観点からも女性を中心に注目されています。
 

テレワークの増加で仕事の合間のドリンクタイムを大切にする傾向も

おうちでも仕事の合間のドリンクタイムを大切にする人が増えている

新型コロナウイルスの影響による生活様式の変化で大きな関心を集めているのが「おうち時間の充実」。中でも「食」の分野に関心が高まり、自炊・お取り寄せ・宅配など、中食・内食を積極的に楽しむ人が増えています。
 

最近では女性を中心に、食べ物だけではなく「飲み物」にこだわる動きも加速。テレワークの推進により、おうちで仕事の合間に楽しむドリンクタイムを大切にする傾向も見られています。
 

トレンド総研の調査では、新しい生活様式への移行で「おうち時間を楽しみたい」という気持ちが高まっている人は全体の84%。そのうち、282名が「おうち時間を楽しむ上で、自宅での飲食を工夫している」と答えました。

自宅での飲食を楽しむために「飲み物」に注目する人が7割以上

自宅での飲食を楽しむために「具体的におこなっていること」は、「自炊を楽しむ」(93%)、「デリバリーやお取り寄せを楽しむ」(71%)のほか、「飲み物を楽しむ」と答えた人が7割以上(73%)。おうち時間を充実させるために、食べ物だけでなく、「飲み物」を楽しむ工夫に注目している人が多いことがわかります。 
 

飲み物の工夫は、リーズナブルで気軽にリフレッシュできる!

「飲み物を楽しむ」理由には「在宅勤務中など、飲み物に変化をつけることで気軽にリフレッシュできる」(23歳)、「コロナ禍で外出がしづらい中、おうちでカフェにいる気分だけでも楽しみたい」(38歳)、「飲み物であれば、少しリッチなものを楽しんでもデリバリーなどと比べてリーズナブル」(43歳)などの声がみられます。大きな手間やお金をかけなくても、飲み物にこだわることで手軽に気分転換ができると感じる人が多いようです。

おうち時間で「飲み物を楽しむ」人が実際におこなっている工夫は?

「飲み物を楽しむ」と答えた207名が実際に「おうちで飲み物を楽しむためにおこなっている工夫」は、「家で飲めるもののバリエーションを増やす」(72%)、「家で飲むもののクオリティーをあげる」(44%)、「今までに飲んだことがないものを試す」(34%)などが多い結果となりました。

贅沢感、安心、おしゃれな「クラフトジュース」に注目!

おうち時間を充実させるために「飲み物の工夫」への意識が高まる中で、「クラフトジュース」に関しては「贅沢感を楽しみたい」(36歳)、「お洒落なイメージで気になる」(25歳)、「安心して飲めそう。せっかくなら体に良いものを取り入れたい」(40歳)など、約6割の女性が興味を示しています。「クラフトジュース」ならではの特別感や安心感に興味を持つ人が多いようです。 健康志向が高まる中、ビタミン摂取や健康維持などの観点からも注目を集めています。