総務省は12月21日、携帯電話料金の見直しを呼びかける「携帯電話ポータルサイト」(暫定版)を公開しました。

総務省「携帯電話ポータルサイト(暫定版)」より

大手キャリアで20GB以上のプランを契約している人のうち、20GB以上を使っているのはわずか10%

同サイトでは「大手携帯会社4社のサービスを利用する方のうち、40%以上の方が月当たり20GB以上の料金プランを契約していますが、実際に20GB以上を使っている方は約10%しかいないんです」と指摘。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルのMNOブランドと、LINEモバイルやmineoなどのMVNOブランドの比較を提示しながら、「さまざまな会社が安価で便利なサービスを提供しています」と紹介しています。

携帯ブランドのイメージ(代表例)。総務省「携帯電話ポータルサイト(暫定版)」より

そもそも、「MNO」や「MVNO」って何?

さらに料金プランの見直し提案に加えて、端末の買う際のアドバイスや「格安スマホ」と「格安SIM」、「MNO」と「MVNO」など、ユーザーが疑問に思うポイントや専門用語も解説。同サイト公表のきっかけとなった各種参考資料も公開しています。

ユーザーが疑問に思うポイントや専門用語も解説。総務省「携帯電話ポータルサイト(暫定版)」より

同サイトでは「実は必要以上の料金プランに入っていたり、普段の利用目的より高性能・高額なスマートフォンを使っていたり、『もったいない』携帯料金の支払いをしているかもしれません」と指摘しています。今の料金プランを見直したいけど、どこから手を付けたらいいか分からない……そんな人はまず「携帯電話ポータルサイト(暫定版)」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

総務省「携帯電話ポータルサイト(暫定版)」