ガリガリ君の新作「たまご焼き味」が予想以上に好評!

予想もしないような味を発売し、私たちを楽しませてくれているガリガリ君から、10月1日に新たな新作が発売されました。注目の味はというと、まさかの「たまご焼き味」。一体どんな味なのか、実食してみました。

ガリガリ君たまご焼き味


毎回、誰も予想しないような味を発売して、私たちを楽しませてくれているガリガリ君から、10月1日に新たな新作が発売されました。注目の味はというと、まさかの「たまご焼き味」。一体どんな味なのか、実食してみました。
 

コンポタ同様のブレイクなるか? 久しぶりの攻めの新作

ガリガリ君たまご焼き味


ガリガリ君が起こした社会現象として思い出されるのが、2012年に発売された「コーンポタージュ味」ですよね。あまりの人気で発売数日にして販売休止になってしまったという、あの話題の味です。

今回新発売された「たまご焼き味」も、見た目は黄色でほぼ同じ。SNSで話題になればあっという間に完売する可能性もあるので、販売当日の10月1日に急いで購入してきました。

 

プリン味にも似た、甘くて濃厚なたまご味

ガリガリ君たまご焼き味


ガリガリ君のホームページの紹介文には、“味つきたまご入りの、たまご焼き味かき氷が入ったアイスキャンディー。アイスの味つけに、粉末のしょうゆも配合しています”とあります。これを読んでも、全く味の想像がつきません。これは甘いのか、しょっぱいのか……?

ドキドキしながらほおばってみると、「あれ!? プリンのように甘くて濃厚な味!」というのが一口目の印象でした。さらにかき氷を食べ進めると、プリンにはない和のテイストを感じました。おそらくこれが粉末のしょうゆの味なのでしょう。

 

かき氷に入った味付けたまごの食感がリアル

ガリガリ君たまご焼き味


かき氷の中には味付けたまごが入っているので、氷が溶けた後に柔らかな食感が残ります。これがたまご焼きを食べた後の食感に近く、再現力の高さを感じました。

「たまご焼き味」と聞いた時は驚きましたが、冷静に考えてみれば、たまごはアイスやケーキにも使われている材料。たまご焼き味は日本人にとって馴染みのある、どこか安心する味なのかもしれません。

食べた人の感想を見てみると、「濃厚なカスタードみたいな味で好きです」「これはアリですね」という肯定的な意見が多かったです。もしかしたらコンポタのような爆発的ヒットになる可能性も! お店で見つけたら早めに食べてみてくださいね。


<DATA>
赤城乳業株式会社
「ガリガリ君リッチ たまご焼き味」
価格 140円(税別)
販売 2019年10月1日〜

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」