男目線で大人女性に絶対似合う!売り切れ確実なユニクロ9月の新作3選

9月の新作は冬まで見越した季節感全開のアイテムで溢れています。なかでも、季節感を表すアイテムに注目が集まりました。そして、柔らかな素材感だからこそ彩りが強い色もよく馴染みます。売り切れ必至の新作アイテムを紹介します。

完売前に手に入れたい! ユニクロ秋冬新作3選

まだ暑さが残りますが、既に秋冬を意識したアイテムがズラリと並びます。体感的にはまだ早い気がしますが、人気アイテムはすぐに完売しますので、今のうちにチェックしておくことをおすすめします。今回は男性目線で選んだユニクロ9月の新作をご紹介。今月のキーワードは「季節感の生地」です。
 

1. 色で勝負! 冬が待ち遠しくなるカジュアルアウター

ウールブレンドダッフルコート(ユニクロ¥14,900)
ウールブレンドダッフルコート(ユニクロ 1万4900円)※一部店舗取り扱い商品

「人の心は色に反応する」という言葉の通り、カラフルな色は着ている本人のみならず、周りの人の心に影響を与えます。だからこそ、色物は「同性のみならず男性からも評価されやすい」のです。

一般的に冬のアウターといえば、黒・紺・茶など無難なダークカラーに落ち着きやすいのではないでしょうか。もちろん、ベーシックなアウターは基本ですが、バリエーションとして「気分を明るくするカラフルな色をユニクロ価格で手に入れる」という意味でランクイン。

ダッフルコートいうカジュアルなアイテムだからこそ、これだけ彩りが強くても嫌味な感じがありません。ユニクロの展示会でこのダッフルコートを見たとき、正直自分が着たいと思いました(笑)。

ウールブレンドダッフルコート/ユニクロ 1万4900円
 

2. 季節感と優しさを同時に表現する! 秋冬のニットスカート

スフレヤーンフレアスカート セットアップ可能(ユニクロ¥2,990)
スフレヤーンフレアスカート(ユニクロ 2990円)

ニット特有の柔らかい生地感は、見ているだけで人を優しい気持ちにしてくれます。それでも、「身体のラインが出やすい」という理由から、これまでニット生地のスカートを敬遠してきた方もいらっしゃるかもしれません。

ところが、タイトではなくフレアなシルエットだからこそ、ニットスカートであっても身体のラインを気にせずはけます。また、ニット素材でウエストの伸縮性があるので、はき位置を調整し、スカート丈を微調整することが可能です。

しかも、まったく同じ生地で織られたニットを合わせることでセットアップとして着られます。アイテム単体のみならず、着こなしの汎用性まで考えられたこのアイテムから目が離せません。

スフレヤーンフレアスカート セットアップ可能/ユニクロ 2990円
 

3. 5990円で楽しめるニットワンピースの最高峰

3Dエクストラファインメリノリブワンピース長袖・レギュラー丈・103~113.5cm(ユニクロ¥5,990)
3Dエクストラファインメリノリブワンピース長袖・レギュラー丈・103~113.5cm(ユニクロ 5990円)※一部店舗取り扱い商品

継ぎ目がない立体的なニットアイテム。ホールガーメント織り機と呼ばれるマシンから生み出されるニットアイテムは、世界のハイブランドでも見かけます。この技術によって作り出されるシルエットは実にエレガント。

こちらは数あるホールガーメントのニットワンピースのなかでも、ウエスト位置の切り替えデザインが絶妙。上半身のリブからスカートに切り替わる表情に品を感じます。

定番の色でシックにまとめるコーディネートは鉄板ですが、ショッキングピンクを連想させる「76PURPLE」も捨てがたいカラー。ニット特有の柔らかい表情だからこそ、強い色が馴染みやすいからです。

3Dエクストラファインメリノリブワンピース長袖・レギュラー丈・103~113.5cm/ユニクロ 5990円

まだまだ暑さが残りますが、秋冬が待ち遠しくなる秀逸な3アイテムでした。どれも売り切れ必至のアイテムなので、今のうちからチェックしておきたいところです。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」