“100均”でスーツ姿が見違えます

正しい袖丈は、みなさんが思っているよりかなり短いです。ジャケットの袖は手首のくるぶし。袖丈が長すぎてはオシャレなシャツも台なしです。そんな時に役立つ100均アイテムがあります。

“100均”でスーツ姿が見違えます

100均でアームバンドを購入して、シャツ袖の長さを調整しよう! 撮影:石井幸久


80年代の呪縛が強すぎるのか、スーツもシャツもゆったりサイズの人、日本人のオーバー40ディスコ世代オヤジに多いようです。情報がアップデートされてない人って、仕事も出世もイマイチじゃないですか? 隣の上司を見ていただきたい。びしっとシャープにスーツを着ているだけで、仕事ができるふうに見えるからアラ不思議。

モテスリムなジャストサイズの細身スーツを着ていても、シャツのサイズまで気遣えてない人はもう一歩努力を。首周りのサイズが合ってないのは論外として、Vゾーンから見えるシャツがユルいのはカッコ悪いですよ。あとジャケットの袖からシャツ袖がべろ~んと出ちゃってるのもダメ。オードリーの若林くんになっちゃいます。

正しい袖丈とは、みなさんが思っているより、かなり短いです。ジャケットの袖は手首のくるぶし。シャツ袖は1.5~2cmのぞかせて、手の甲に掛からない丈が正解です。海外ブランドのシャツなど、気合いを入れて買ったはいいが、袖丈が長すぎては台なし。

そんなときは、ぜひアームバンドのご使用を。最近、洋品店で見掛けませんが、100円均一ショップでこっそり売ってます。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」