この夏おすすめのおしゃれTシャツコーデの簡単なコツとは

マンネリしがちなTシャツコーデも簡単なコツでアップデートできます!

涼しくて動きやすいのでつい手に取ってしまうTシャツですが、気づけば毎日似たような恰好になってしまうことも。気を抜くと幼くなってしまったり、外に出れば似たようなコーデの方がたくさんいて、マンネリ化しがちなのも少々デメリットですよね。今回は大人のTシャツコーデを今っぽく、おしゃれに見せる簡単な5つのコツをご紹介します!
 

1. くすみ系のニュアンスカラーTシャツを選ぶ

ブラウンやカーキ、グレーのおしゃれなニュアンス色を選んで 出典:WEAR

この夏Tシャツを着るなら、ぜひトライしてみてほしいのがニュアンスカラー。今年はユニクロやGUなどのプチプラブランドでも、ブラウンやカーキ、グレーなどニュアンスカラーがたくさん出ていて、1000円程度で購入できるものも多いです。

特に今年のカラバリは発色がパキッとしすぎず、少し白を足したような優しい印象のくすみ系カラーになっているので、メンズライクになりすぎず、どんなボトムスにも合わせやすいのがメリットです。

ただ、くすみ系カラーはだらっと気の抜けたコーデに見えてしまうと、無難で地味に見えてしまうのがデメリット。コーデ自体はシンプルにきれいめにまとめるのが、ニュアンスカラーのTシャツを着こなすコツです。
 

2. ビッグサイズのTシャツをゆるボトムスと合わせて

ビッグサイズのTシャツをゆるめボトムスでリラックスした着こなしに 出典:WEAR

Tシャツの形として今年トレンドなのが、ビッグサイズのもの。Tシャツをそのまま伸ばしたような形で、お尻が隠れるようなチュニック丈や、膝下までのワンピースなども人気です。

今年らしいデザインの特徴は、ただの大きいTシャツに見えないよう、横にスリットが入っていること。細身のボトムスはもちろん、ワイドパンツやマキシ丈スカートなど、ゆるいボトムスを合わせて着るのも今っぽいコーデに仕上がります。さりげなく体型カバーができるのも、アラフォー女性におすすめなポイントです。
 

3. 小花柄スカートを合わせてこなれたフェミニンカジュアルに

柔らかで女性らしいカジュアルさのある小花柄スカートと相性◎ 出典:WEAR

今、高級セレクトショップからプチプラブランドまで、どのショップでも目立っているのが小花柄のスカートです。特に今年は派手すぎない色合いで、ガーリーよりも大人っぽいスカートがたくさん出ているので、アラフォー女性のカジュアルコーデにもぴったり。

ついボーイッシュになりがちなTシャツコーデも、このタイプのスカートを合わせると、フェミニンな印象がプラスされ、ほどよいミックスカジュアルになります。

足元は、なるべく主張のないシューズを選んで、盛りすぎず、さらっと着るのがコツです。
 

4. 白Tにはデニムの代わりにきれいめパンツを

ついはいてしまうデニムの代わりにきれいめパンツを 出典:WEAR

アラフォー女性のカジュアルコーデでは、きれいめ度の高さを意識するとおしゃれ度アップに効果アリ。Tシャツにはなにげなくデニムを合わせがちですが、そこをきれいめのパンツに変えてみると、全体がワンランク上の印象に変わります。

きれいめパンツは「何か特別な用事がある時に」とクローゼットにしまったままになりがち。白のTシャツならどんなパンツでもだいたい合いますし、きれいめパンツがたんすの肥やしになるのも防げて一石二鳥かも? 足元は抜け感が出るサンダルを合わせると、全体的なまとまりもよくなります。手持ちアイテムで新鮮なコーデが楽しめますよ。
 

5. アクセや小物、メイクなどで「ツヤ感」をプラス

ツヤ素材のボトムスやアクセ、ウェットなヘアでツヤを 出典:WEAR

Tシャツは気を抜くと部屋着のようにも見えてしまうアイテム。いまいち垢抜けて見えない時は、全体が部屋着の延長のようでメリハリがなく、もっさり見えていることが原因の場合も。

そんな時は、分かりやすくツヤ感をプラスすると、おしゃれ度がぐっと上がります。ボトムスにツヤ感のある異素材を合わせたり、シルバーやゴールドのバングルや、耳元のピアスなどでメタリックな輝きをプラスするのもおすすめ。ヘアも何もしないままではなく、ウェットな質感になるジェルやオイルを少しプラスするだけでも、全体の印象が垢抜けるはず。適当にではなく「あえてTシャツを着ています」というおしゃれ感のあるコーデができあがります。

着心地も動きやすさも抜群のTシャツを新鮮に着るコツはたくさん! ぜひ試してみてくださいね。