全て1990円以下!ユニクロで大人が欲しい優秀トップス3選

手軽に新しいコーデが楽しめる優秀トップスは何枚あっても困らない! 今回はユニクロのおすすめトップスを3点ピックアップしました。どれもカジュアルすぎず、アラフォー女性におすすめしたいポイントがたくさん! その上お値段はどれも1990円以下でお得です。

今、ユニクロでアラフォー女性が欲しい新作トップス3選

全部1990円! 今買って秋まで使える優秀トップスは早めの購入がおすすめ

いつものボトムスに合わせても手軽に新しいコーデが楽しめるトップスは、何枚あっても困らない! 今回はユニクロで見つけた優秀トップスを3点ピックアップしました。

どれもカジュアルすぎず、アラフォー女性にこそおすすめしたいポイントがたくさん! その上お値段はどれも1990円以下のプチプライス。売り切れ前にぜひチェックしてみてくださいね。
 

1. 秋まで使える新作ブラウスは今のうちにゲット

ユニクロ ハイネックボリュームスリーブブラウス 1290円(税込)

旬のおしゃれ感が楽しめるシルエットに一目惚れした「ハイネックボリュームスリーブブラウス」。 たっぷりとボリュームのあるスリーブに、少し立ち上がったハイネックの組み合わせがクラシカルで上品な印象です。

ギャザーがたくさん入っているボリューミーなシルエットなので、100%コットンのナチュラルなシワ感も、デザインの一部に見えるのが◎。見映えも実用性も兼ねているところが優秀なポイント。ラインが出すぎないので、二の腕やお腹まわりなど、体型で気になる部分もあまり気にせず着られそうです。

汗をかいても気軽に洗える素材感も、この時期には嬉しいですよね。

4色のカラバリのうち、今年のトレンドである写真のブラウンや、シックなネイビーが大人に一押ししたいカラーです。

裾はそのまま出してふわっと着てもよし、ワイドパンツやマキシスカートなどフレアシルエットのボトムスを合わせるなら軽くインしてもよし。

Tシャツなどのシンプルでアクティブな洋服とはまた別のテイストがプチプラで楽しめるので、コーデの幅が広がっておすすめです。
 

2. オンライン限定でユニクロでもかぶりにくい! セットアップも可

ユニクロ プリントブラウス 1990円(税込)

レーヨン100%の「プリントブラウス」は、 落ち感があって品よく見えるシルエットが絶妙。

アラフォー女性がノースリーブを着る場合、脇の部分が大きくあいていると脇下が見えすぎて露出過多に感じられたり、腕のたるみが目立ってしまうので要注意。

ですが、こちらは脇がきれいに詰まっていて上品な印象。オフィスなどでも着られそうなきれいめテイストが魅力です。

丈感も、そのまま出すとウエストまわりにふんわりかかるくらい。スタイルアップしたいときは軽くインすることもできるような、長すぎず短すぎない丈で使いやすく、ボトムスを選びません。

またオンライン限定商品なので、ユニクロとばれにくく、人とかぶりにくいのも大きなメリットです。

その上、同じ柄のスカートも別売りで販売されているので、セットアップにしてワンピースのように着られるのも嬉しい! 小花柄が欲しいけどワンピースだと着る機会が少ないのが気になる、という方にもぴったりです。
 

3. 肌触り抜群のレーヨンシャツは冷房や紫外線対策にも使える

ユニクロ レーヨンブラウス 1990円(税込)

Tシャツが大好きだったけど、アラフォー世代になったらカジュアルすぎる気がする……とお悩みの方に、替えアイテムとしてぜひおすすめしたいのは、素材が柔らかく、形はシンプルなシャツ。

夏のTシャツは快適で動きやすく、洗いやすいところがメリット。ですが、こちらはシャツでも素材がレーヨンで柔らかく、肌触りはTシャツに近いのと、襟がついていることできちんと感がプラスされるので、アラフォー女性がカジュアルに着やすいアイテムです。

胸元のボタンを開けたり、袖をロールアップして着崩すと、着心地のよさだけでなく見た目にもこなれ感がプラスされるので一石二鳥です。

また、夏の冷房対策として持っておくのにもおすすめ。このレーヨンブラウスは薄手で、シワになりにくいイージー加工もされているので、くるっと丸めてバッグの中に入れておくのにもぴったり。1990円でさっと羽織れて、肌触りのいい長袖シャツは手放せなくなりそう。

タンクトップやノースリーブを着るときに肌を見せすぎないように羽織るのにも役立ちますし、肩掛けや腰に巻くというアレンジもききます。長袖で秋初めまで着られるのでコスパも◎。

いずれも売り切れ前に、早めのチェックがおすすめです!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応