予算は?買い替え時は?アラフォー女性とTシャツの上手な付き合い方

夏のカジュアルコーデに欠かせないTシャツですが、世の中には一枚1000円のプチプラTから、1万円超えの高級アイテムまで、幅広いTシャツがありますよね。今回は予算、買い替え時を含め、大人はどうTシャツを着ていくのがいいのかについてお伝えします!

アラフォー女性のTシャツとの付き合い方

アラフォー女性がTシャツで気を付けるべきはお値段よりも「清潔感」!

夏のカジュアルコーデに欠かせないTシャツ。ですが、世の中には一枚1000円のプチプラTから、1万円超えの高級アイテムまで、いろんなTシャツがありますよね。予算はいくらくらいまでがいいのか? 買い替え時は?などとお悩みの声もよく聞かれます。今回は、大人はどうTシャツを着ていくのがいいのかについてお伝えします!
 

Tシャツにはそんなにお金をかけなくていい3つの理由

今は1000円程度でも、おしゃれなくすみカラーのTシャツも手に入ります 出典:WEAR

はじめに、Tシャツにはあまりお金をかけなくてもいいと思います。その理由は主に3つ。

1. 劣化が避けられず、永遠に長持ちはしないから
Tシャツは素肌に着るので、汗や皮脂を吸い込みますし、デリケートで手洗いするというよりは洗濯機でガンガン洗うアイテム。外に干して日光にさらしたり、乾燥機にかけることでも繊維は確実に傷みますし、劣化していきます。

そしてたまに着るお出かけ服と違い、デイリーに着るアイテムなので、着用回数も多め。素材自体がコットン多めで柔らかく、着たり脱いだりする時にも力が加わるので、型崩れさせないのは難しいです。

素材や着る回数によって変わりますが、目安としてはコットン100%なら長くても2シーズン、ポリエステル混の場合は毛玉ができやすいので、それより短いサイクルで買い替えていくのがおすすめです。ですがこの数字に縛られず、常にTシャツの状態を見て判断してみてください。

2. もともとプチプラブランドの得意分野で、低価格で高品質のものが手に入りやすいから

今年はオーバーサイズのベージュ系カラーも人気です 出典:WEAR

Tシャツは、ユニクロやGUなどプチプラブランドが得意としているアイテムなので、低価格で高品質のものが揃います。

また毎シーズン必ず新商品が出るアイテムなので常に研究されていて、シンプルに見えても、実はトレンドも絶妙に取り入れられているはず。あえて高いお金を払わなくても、今ちょうどいいTシャツをそのシーズンに手に入れるのが正解!

3. 着心地、見た目ともに、高いお金を出すほどの差は感じにくいから
例えば、1000円のバッグと1万円のバッグを比べたら、素材やクオリティの差はおそらく誰の目から見ても歴然。実際に持った時のコーデの印象も、全然違うものになっていると思います。

ですが、1000円のTシャツと1万円のTシャツを着て比較してみても、そこまでの差は感じられないのが正直なところ。着用した時に肌触りのよさやシルエットの美しさなどの違いは感じるかもしれませんが、今は1000円のTシャツでもレベルが高いので、ものすごく劣るほど着心地が粗悪、ということもありません。

ただ、1万円のTシャツは素材がオーガニックであったり、国産で丁寧に作られている、フェアトレード品、環境に優しいなど、上質であったり、よりこだわって作られていることが多いです。そのため、その金額の差は一般的な着心地や見映えよりも、こだわりの程度によるところが大きいと思います。
 

Tシャツで大人の予算はズバリいくら?

例えば無地のTシャツでも、一枚1000円のものから1万円近いものまで、まさに価格はピンキリ。でも、大人の女性が着るとしても、3000円くらいまでで十分ではないでしょうか。

プリントTやロゴTに関しては、デザイン料や限定品などのレア度によって上乗せされる分が大きく変わるため、一概にはいえません。ですが普通に上質な無地Tでいい、と考えるのであれば、1000円でも十分。先に述べたようにいつか劣化するアイテムなので、出しても3000円くらい、傷んだら買い替えていくほうがおすすめです。

もっと予算があるのなら、余った分を長持ちする他のアイテムに投資するほうがコスパの面でも賢いかもしれません。
 

Tシャツで最も気を付けるべきは値段よりも「清潔感」

Tシャツに関して、価格やコーデよりも最優先したいのは「清潔感」があるかどうか。清潔感のあるTシャツならおしゃれなカジュアルコーデになりますが、着こんだTシャツは、アラフォー女性の外出着としてはNG! カジュアル服がだらしなく見えると一気に年齢を感じさせてしまいます。

例えば首まわりが伸びたTシャツは、自分では気づいていなくても、おそらく袖や肩も伸びていたり、脇の下など擦れる部分が毛羽だったりと、大なり小なり着こんだ感が出てきているはず。シミや色褪せ含め、日々、コンディションに気を配り、くたびれてきたら買い替えるのがおすすめです。
 

プチプラTを選ぶ時に気を付けたいこと

1000円で高品質のユニクロTシャツはどうしてもかぶってしまうことも 出典:WEAR

安くて優秀なプチプラTシャツですが、デメリットがひとつ。それは「たくさん売られている分、いろんな人とかぶる」ことです。しかも、ユニクロ、GUに関しては年齢層がものすごく幅広いので、10代の学生さんや、50代、60代の年配の方とかぶる率もかなり高いです。実際にショップで試着しようとしていたら、試着室から出てきた年配の方が、同じTシャツを持っていた……なんてこともしばしば。

かぶることは避けられないですが、それでも思いっきりかぶるのは避けたい、という方であれば、以下の対策で少しは回避できるかもしれません!

  • ロールアップやウエストインなどをして少しシルエットを変える
  • 高めの小物などを合わせるなど全身プチプラでまとめずコーデのおしゃれ度を上げる
  • 大勢の人が集まる時には着て行かない
  • プチプラでもかぶりが分かりにくい無印やザラ、その他のブランドで購入する


Tシャツの状態には常に気を配りつつ、カジュアルコーデを楽しんでくださいね!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは