アラフォー女性が今買うならコレ!夏におすすめのスニーカー3タイプ

楽チンでカジュアルコーデに欠かせないスニーカー。ですが、大人の女性なら子供っぽくならずに履きたいですよね。またコンサバ、きれいめ系の方からは何を選んだらいいのか分からない、という声も。この夏おすすめのスニーカーを3タイプご紹介します。

大人は何を買うべき? 夏におすすめのスニーカー

アラフォー女性が買うべきおすすめスニーカーはこの3タイプ

楽チンでカジュアルコーデに欠かせないスニーカー。ですが、普段お仕事でかっちりした格好が多い方や、コンサバ系、フェミニン系の人からは、休日用のスニーカーにどんなものを選んだらいいのか分からない、という声も聞かれます。

今回は、この夏買うならこの3タイプ!というおすすめのスニーカーをご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。
 

1. 定番のコンバースはベージュで抜け感を

歩きやすさはキープしつつ抜け感も◎ 出典:WEAR

白のコンバースはもちろん可愛いし使えるのですが、とにかく履いている方が多いので、ザ・無難なイメージも。そのため、これから買うなら抜け感もあり、ファッションにも馴染みやすく、使い勝手が抜群なベージュがおすすめです。これ自体がおしゃれな雰囲気のあるアイテムなので、大人のスニーカーコーデを格上げしてくれるはず。

トレンドのブラウン系コーデにもマッチ 出典:WEAR

この夏トレンドのベージュやブラウン系のコーデにもぴったり! ベージュのコンバースにはナチュラルな雰囲気があるので、トレンドのリネン素材や、カゴバッグなど天然素材の小物ともマッチします。リラックスした雰囲気にまとめてくれるので、屋外で過ごす日やアウトドアなど休日コーデにも◎。
 

2. ナイキのエアリフトならサンダル感覚で使える

ロマンティックなマキシ丈ワンピのアクセントに 出典:WEAR

履き心地もよく、おしゃれな抜け感もかなっておすすめなのはナイキのエアリフト。クッション性などスニーカーの履き心地はそのままに、甲が開いているデザインのため、蒸れ知らずで涼やかに過ごせます。

スポーティーなルックスですが、甲が覆われていないためそこまで甲高にはならず、マキシ丈のスカートやフルレングス丈のパンツと合わせても邪魔しません。ロマンティックなふんわりワンピースと合わせれば、テイストミックスなコーデを楽しめます。

ベーシックなコーデとも相性◎ 出典:WEAR

黒×ベージュやシンプルなアイテム同士のベーシックなコーデに足すと、普通のスニーカーより季節感が出ておしゃれに見えるのもメリット。

おしゃれ上級者の中には新しく出たゴールドも人気だそうですが、まず一足目で購入するなら、オールマイティーに合わせられる定番の黒がおすすめです。
 

3. 白スニーカーはベーシックなアディダスやナイキが万能

きれい色スカートをスニーカーの白さが引き立ててくれる 出典:WEAR

夏のスニーカーコーデに欠かせないのは白のスニーカーですよね。特に白スニーカーはこの夏、トレンドのダッドスニーカーをはじめ、ハイテクなデザインがたくさん出ています。

ですが、実際に履くとかなり甲高でボリュームがあるデザインのため足が大きく見えたり、スポーティー過ぎたり、主張が強くコーデと馴染まなかったりとファッションとのバランスを取るのがなかなか難しいアイテム。

かといってコンバースだと、履き回しはききますがあまりにも人とかぶるので、いまさら買うのは躊躇するという声も。

その結果、白スニーカーでおすすめしたいのは、やっぱりベーシックなアディダスやナイキのモデルです。これらのいいところは、ボリュームが出過ぎず服に馴染みがよく、一年中使える素材感であること。

例えばアディダスのスタンスミスはオフホワイトではなく真っ白な白さが爽やかなイメージ。きれい色スカートとも相性抜群です。

ブラウス&スカートというフェミニンコーデにも合う 出典:WEAR

スウォッシュマークがポイントのナイキも、程よいボリュームで無駄の無いシルエットなので、長め丈のデニムスカートに合わせても子供っぽくならずに着こなせます。このスニーカーがカラフルだと、途端に若いイメージのコーデになってしまうので、この形で白系のカラーであるのがポイント。

足元が楽チンだと疲れ知らずでたくさん歩けます。ぜひチェックしてみてくださいね!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」