体型不問!40代におすすめの使えるワンピ4つの条件

一枚でおしゃれ見えして、気分も上がるワンピース。ですが、アラフォーになると選び方が難しいという声も聞かれます。今回は体型不問で40代が使えるワンピの条件を4つお伝えします。今年は特に種類も豊富。ぜひお気に入りの一枚を見つけてみてくださいね!

体型問わず40代に似合うワンピースとは?

40代に似合うワンピースはポイントを押さえればたくさん見つかります

一枚でコーデがキマリ、便利なワンピース。特に今年は豊作で可愛いものが多いので、つい欲しくなってしまいますよね。でもアラフォーになると、ワンピースの選び方が難しい、スタイルよく見えない、というお悩みの声も聞かれます。

そこで! 今回は体型不問で40代の女性に似合うワンピースの条件についてお伝えしていきます。いろいろな体型の方を想定して考えてみましたが、小柄な方の場合は長すぎてしまうこともありますよね。どんな身長の方でも、足首が出ている方が抜け感があっていいので、その点だけご注意くださいね!
 

1. ウエストマークで腰の位置が分かるもの

ウエストの位置が分かる方が、着やせ効果は確実にアップ 出典:WEAR

あらかじめ共布ベルトが付いていたり、ウエストが絞ってある、タックが入っているなど、ウエストの位置が分かるデザインは、体型関係なくぜひ取り入れて欲しいディテールです。

といっても、ぴったりとしたサイズを着て腰のラインを出す必要はなく、あくまでここがウエスト、というのが分かる程度でOK。

お腹まわり、腰まわりがどっしりしているのが悩み、という人でも、ウエストの位置が分かるデザインの方が着やせして見えるはず。ブラウジングして丈感の調整がしやすいのも、体型に馴染ませやすく嬉しいポイントです。

マキシ丈でもウエストが分かるデザインならメリハリがつく 出典:WEAR

隠したいという気持ちが先立ってしまい、覆うようなシルエットのものばかり選んでしまうと、体全体が大きく見えてしまいます。ワンピースに着られてしまいそうなマキシ丈でも、ウエストの位置が分かることでメリハリがつきます。

ウエストマークは、着やせにおいてとても重要なポイントなので、購入を検討する際はチェックしてみてくださいね。
 

2. ギャザーやプリーツで大人らしさを引き立てて

シワ加工など生地に表情のあるものは女性らしい印象に 出典:WEAR

Tシャツやスウェット生地などは楽チンですが、生地のカジュアル感が強いので、面積が大きいワンピースとなると、40代の女性が素敵に着るのはなかなか難しいアイテム。ですが、その対極にあるようなギャザーやシワ加工、プリーツが入っている素材は、揺れ感も細やかで女性らしい印象に。これらを使ったワンピースは、大人の女性に一押しのアイテムです。

一枚で着ても寂しい感じにならず、間延びした印象にもなりません。肌にぴったりフィットするわけではないので、体型やインナーのラインを拾いにくいというメリットも。

ウエストがはっきり×プリーツはおすすめのデザイン 出典:WEAR

また、ギャザーやシワ加工、プリーツ入りのワンピースは、無地のカーディガンなどシンプルな羽織りを合わせてもコーデがおしゃれに決まるアイテム。春や秋などで少し肌寒い時にも着られるので、コスパの面でも◎です。
 

3. 落ち感のきれいなAラインのシルエット

街でもリゾートでも着られそうなシックさが素敵 出典:WEAR

Aラインのワンピースは、締め付け感がなく、どんな体型でも抵抗なく着られるシルエット。ですが、全体的な落ち感がきれいかどうかは重要なポイントです。広がって見えたり、ずどんとしたシルエットで部屋着のように見える場合は避けて。

ハリのある素材や、この春夏トレンドのリネン素材などで、ドレープがきれいに出る生地感のものがおすすめ。カラーは明るい色とも白黒のモノトーンとも合わせられるベージュやブラウン、カーキなどが、着回せて重宝します。

ナチュラルなワンピースが大人カジュアルコーデに 出典:WEAR

こちらは同じワンピースに細いベルトでウエストマークし、ミリタリージャケット&スニーカーでよりカジュアルにまとめたもの。一方、アクセサリーを足して、ヒールサンダルを合わせれば、きれいめにおしゃれしたい時にもぴったり。

ロング丈のAラインワンピースは体型を隠してくれつつ、アレンジ力も高いので、着回しを重視したい人にもおすすめです。
 

4. 柄ワンピならストライプか「ほぼ無地」が使える

ストライプなら爽やかでほっそり見える効果も 出典:WEAR

着るだけでおしゃれに見えるような、主役級の柄ワンピースを着たい時もありますよね。そんな時におすすめなのはストライプ柄。シャツワンピースでストライプ柄のものは、今年もたくさん出ていますが、流行り廃りがあまりなく、縦長にほっそり見える効果もあるので、体型を問わず長い期間着られるアイテム。

フラワー柄、ドットなど種類問わず「無地に近い」のが重要 出典:WEAR

もうひとつおすすめなのは、ほぼ無地に近いような控えめな柄のワンピース。ドットや花柄など、どんな柄かというよりも、離れたところから見た時に無地に見えるような控えめさがポイントです。柄が入っている分フェミニンな印象なので、カラーは黒、紺、カーキ、ブラウンなどダークカラーがバランスよし。

主役級のキャッチーなワンピースは、ドレスアップまではいかないけど、きれいめなカジュアル感を保ちたい時、おしゃれ感が欲しい時にぴったりです。

春夏こそワンピースが活躍する時期。ぜひお気に入りの一枚を見つけてくださいね!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化