ALL2990円以下! 大人の女性が欲しいコスパ抜群なGU新作3選

今回はトレンドに強いGUで、旬のテイストが楽しめ点、かつ大人の女性が着回しやすい高見えアイテムを厳選して3点ピックアップしました。その上1490~2990円とどれもプチプラでお財布にも優しいものばかり。ぜひチェックしてみて下さいね!

今、大人が着たくなるイチオシのGU新作3選

大人の女性がGUで着たいのは、シックで高見えする優秀アイテム!

今回はGUで「着回しが効く高見えアイテム」を3点厳選してみました。GUというと若者向けのイメージが強いかもしれませんが、女性らしさのあるシックなアイテムを選べばアラフォー女性にフィットする着こなしが作れます。ぜひ参考にしてみて下さいね!
 

1. 大人が着たくなるリネンシャツワンピはコスパも抜群

GU リネンブレンドシャツワンピース 2990円(税抜)

涼やかでナチュラルだけど存在感があり、大人の女性が思わず着てみたくなるのが、麻54%、綿46%のリネンブレンドシャツワンピースです。

写真のオリーブに加え、ベージュ、ネイビーというシックなカラバリ。リネンの持つナチュラルさに大人っぽさがプラスされ、実際に着てみるとより映えるワンピースになっています。

丈感は膝より長め。ウエストはそのままでも、同布のリボンで絞ることもでき、シルエットも変えられます。一枚で着ても、下にレギンスやパンツをはいてもよし。前を開けて羽織りとしても着られる着回しの利くアイテムです。

サイズを上げてオーバーサイズで着ても素敵なワンピースなので、自分の体型や好みのテイストに合うよう、実際に試着してからの購入がおすすめです。


 

2. 華奢見えするエアリーシャツは1490円!

GU エアリーシャツ 1490円(税抜)

しなやかなとろみ感とちょこっとした袖が可愛らしく、店内でも上品なオーラを放っていたエアリーシャツ。小さめのシンプルな襟と、袖のロールアップがクラシックな印象で、パンツとスカートのどちらに合わせても女性らしく着られるアイテムです。

カラバリは全部で5色ありますが、派手過ぎず、ニュアンスのある青みグリーン(上写真)がおすすめ! キレイ色には抵抗があるけれど、ベーシック色だと変わり映えしないし……と色選びにマンネリ気味という人にもぴったりです。

また、トレンドのベージュも「シンプルでおしゃれなコーデ」が簡単に作れるのでぜひトライしたいカラー。プチプラのベージュアイテムは安っぽく見えることもあるのですが、このエアリーシャツのベージュはテカテカしていないマットな発色のとろみ素材なので、高見え効果も抜群。

きめ細やかなポリエステル100%のとろみ素材で、今ならカーデなどのインナーに、夏は一枚でも着られます。シワも付きにくい素材なので使い勝手も◎。オンオフでフル活用できること間違いなし!


 

3. デニムコーデを更新できるセミフレアジーンズ

GU セミフレアジーンズ  2490円(税抜)

GUの春夏展示会でひときわ目立っていたのが、セミフレアジーンズ。ここ数年、スリムやワイド、ストレートのデニムが主流だったので、裾が広がったラインが新鮮でフレッシュな印象です。おしゃれ感度が高い人たちの間ではすでに浸透しはじめているので、今季からはフレアが本格的にカムバックしそう。

この裾広がりなシルエット、今のアラフォー世代には懐かしく感じる方も多いはず。ただ昔と大きく違うのは、ウエスト周りのデザインです。以前はローライズが主流でしたが、今季のはお腹を包むようなハイウエスト。以前に比べダメージもなく、ライトブルーやインディゴなどデニム本来の色を楽しめるような、きれいめなものが多いです。

そのため、大人の女性でも品よく着られて、シンプルなトップスに合わせるだけでオシャレっぽさが出るのが嬉しいポイント。プライスも2490円と破格ですが、GUデニムは過去に「神デニム」と称される名品が出たこともあるほどクオリティが高いので、ぜひチェックしてみて下さいね!
 

旬のトレンドアイテムにリーズナブルな価格でトライできるのが、GUならではの魅力。ショッピングの参考にしてみて下さいね! 以上「ALL2990円以下! 大人の女性が欲しいコスパ抜群なGU新作3選」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応