5月には新年号となる今シーズン。春ドラマは、脚本、演出、演者パート、すべてをきっちりつくる原点とテーマの新しさがミックスし、制作サイドの本気度を感じる。さぁ、どんなドラマが始まるのだろう。
 

働く女子に続き、ワケアリ男子が大活躍!? 人生を深く考えさせる春

デキる男子が、こじらせる!? 『東京独身男子』(テレビ朝日系/土曜夜11時15分〜)

『東京独身男子』に主演する高橋一生(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


あえて(A)、結婚しない(K)アラフォーAK男子3人の恋愛&結婚狂騒曲。3人を演じるのは高橋一生、斎藤工、滝藤賢一となんとも贅沢なキャスティングだ。

彼らのイケてる(はずだった)人生をあたふた×こじらせへと転換させていくのが仲里依紗、高橋メアリージュン、桜井ユキ。可笑しさの中にも人生の真実をいくつも発見できそうな、気になりすぎる迷作は土曜ナイトドラマを彩るだろう。

深夜にお腹がぐーっと鳴る『きのう何食べた?』(テレビドラマ東京系/金曜0時12分〜)

西島秀俊&内野聖陽W主演の『きのう何食べた?』/出典:Amazon

男性カップルの日常を穏やかに暖かく描いた、よしながふみ原作の『きのう何食べた?』。生きていれば苦さも痛さもあって、それでも私たちはちゃんと生きて満たされ幸せになることができる。そんな毎日の大切なことを、弁護士の筧史朗(西島秀俊)と美容師の矢吹健二(内野聖陽)が教えてくれる物語。美味しい食卓にも注目だ。

新しい教師像に笑い驚き?感動する『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/土曜22時〜)

52歳で同性好きの女装家教師・原田のぶお役で主演するのは、トリッキーな古田新太。勃発・突発・頻発する高校生諸問題に52歳の新任教師がズケズケと踏み込む心地よさは想像できるが、アプローチはユニークで想定外になりそう。期待したい。
 

医療に科学!今クールはバラエティ豊かなラインナップ

見えない敵と闘う放射線技師の活躍 『ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/月曜夜9時〜)

原作の『ラジエーションハウス』/出典:Amazon


知っているようで実は詳しくは知らない、放射線技師の現場を描くのは月9。天才放射線技師を演じる実力派、窪田正孝のほか本田翼、広瀬アリスの若い演技に遠藤憲一、浅野和之、和久井映見、山口紗弥加といった名バイプレイヤーたちが絡み見応え十分。

未知の課題がふりかかるサイエンスミステリー『インハンド』(TBS系/金曜22時〜)

新たな病原体、バイオテロ、いくつもの課題が後を絶たない現代を映すサイエンスミステリー。テーマがシビアであるほど、主人公の科学者を演じる山下智久のほどよい脱力感が光りそうだ。濱田岳、菜々緒、光石研、注目の藤森慎吾が参入し、こちらの化学反応もおもしろくなりそうだ。


中条あやみと水川あさみが演じる新人×ベテランの看護師コンビに期待値が一気に高まる『白衣の戦士』(日本テレビ系/水曜夜10時〜)。看護師長の沢村一樹、外科医の安田顕も加わって、水曜の夜を痛快×ハツラツに彩るだろう。テレビ朝日開局60周年記念作品となる『科捜研の女』(テレビ朝日系/木曜夜8時〜)は京都を舞台に1年をかけて放送。こちらも待ち遠しい。
 

人気シリーズ&テッパン枠も充実

ジリジリした季節が始まる『緊急取調室』(テレビ朝日系/木曜夜9時〜)
 

画像は第2シーズンの『緊急取調室』/出典:Amazon

取調室での心理戦を余すところなく見せてくれる『緊急取調室』の第3シーズンがスタート。井上由美子の脚本と天海祐希、田中哲司、小日向文世ら個性派俳優陣の実力があってこその密室劇は、さらに複雑な攻防戦を激化させる。新しい時代を背景にどう闘っていくのか。放送開始が待ちきれない。

日曜劇場に新しい風!『集団左遷!!』(TBS系/日曜夜9時〜)

原作は江波戸哲夫の『集団左遷』と『新装版 銀行支店長』/出典:Amazon

廃店を企む銀行本部への闘いを挑む支店の奮闘を描く『集団左遷!!』。主人公の支店長・片岡洋を演じるのは福山雅治、副支店長役には香川照之。対する本部の陣営は市村正親、三上博史ら手ごわい面々だ。重厚ながらもコミカルあり裏切り?ありの下克上エンターテインメントには神木隆之介や井之脇海も参戦。フレッシュな風にも期待したい。
 

執事役上川隆也が活躍する『執事 西園寺の名推理』(テレビ東京系/金曜夜8時〜)や松岡昌宏演じる家政婦の豆知識が楽しい『家政婦のミタゾノ』(テレビ朝日系/金曜夜11時〜)も新シーズンがスタートする。個性的すぎる刑事7人で魅せる『特捜9』(テレビ朝日系/水曜夜9時〜)は制作陣もパワーアップ。4月10日(日)放送の『特捜9スペシャル』も併せて楽しみたい。