ユニクロ&GUで狙うべき!大人なプチプラベージュアウター3選

この春、アラフォー女性の春コーデは断然ベージュが気分! 気分も明るくなるマイルドなトーンと、リッチにもカジュアルにも着こなせるベージュアウターを、GUとユニクロで3点厳選してピックアップしたのでぜひチェックしてみて下さいね!

プチプラで見つけた! 大人が着たい春の3大アウター

今年の春アウターはベージュで決まり!

この春、アウターは断然ベージュに注目が集まっています。なかでも大人が着たくなるようなアイテムをプチプラで発見! ユニクロ、GUで見つけた優秀アウターを、おすすめコーデのポイントと共にお伝えします。

1. 春定番のトレンチはAライン&撥水加工で使いやすく

トレンチコート 7990円(税抜)

定番アイテムのトレンチコートですが、やはりその時々の流行によって常に変化しています。ユニクロでも今年はより羽織りやすいAラインにアップデート。その上、襟はクラシックに仕上げるなど、本格的なディテールが施されているので、プチプラのトレンチとは思えない存在感のあるコートになっています。

ポリエステル混素材なのでシワになりにくく、軽い雨にも対応できる撥水仕様と機能的にも嬉しい! コットン製のものしか持っていないという方も「買い」なトレンチです。

裏地がストライプ模様になっているので、袖をロールアップすることでデニムと合わせても軽やかなカジュアルを楽しめますし、長め丈のタイトスカートと合わせても◎。白シャツなどを合わせるかっちりした着こなしもいいですが、クルーネックのニットやロンTなど、カジュアルなトップスにサラッと羽織るぐらいのバランスがさらに今っぽくて、おすすめです。


 

2. リネンブレンドガウンコートでこなれ感

リネンブレンドガウンコート  3990円(税抜)

今年のトレンド感がたっぷり詰まっているのは、GUのリネンブレンドガウンコート。「ショップで見かけて一目惚れした」という方も多く、写真で見るより着てみるとさらに映えるアウターです。実際に「ラインがキレイ!」という口コミも目立ち、首まわりもノーカラーでスッキリしていてアラフォー女性をスマートに見せてくれます。

ロングカーディガンは腰まわりやヒップもカバーしてくれて便利なアイテムですが、このリネンブレンドガウンコートは、ハリのある生地感でさらに大人っぽく見せてくれるのがポイント。

あえてLやXLなど大きめサイズを購入して、オーバーサイズに着る方もいるそうなので、着た時の感じを比べて、お好みのサイズ感で選んでみて。

リネン素材ならではのナチュラルなベージュなので、あえて真逆のレッドやイエローなどビビッドなカラースカートを合わせてもいいし、全身ベージュやホワイトでまとめたリラクシームードなコーデも素敵。どんなコーデにも馴染むので、あまり考えずパッと羽織ってもサマになる、優秀アイテムです。


 

3. カジュアル派に! 旬シルエットのマウンテンパーカ

マウンテンパーカ  2990円(税抜)

マウンテンパーカは大人カジュアルコーデの外しに重宝する、使えるアウター。ワンピースやスカートなどフェミニンなコーデにサラッと羽織るだけで今っぽいコーデが簡単に作れます。

ポリエステル100%の素材は軽くて汚れにくく、丈夫なのが特徴。冬のコートはもう着ないけれど、まだ肌寒い日や雨の日も多い春の時期に一枚持っていると重宝するアウターです。

GUのマウンテンパーカの中でも、このベージュはゴールドの金具が映えて大人っぽい雰囲気。スポーティー過ぎないので、マウンテンパーカを着慣れていない方でも取り入れやすいのがおすすめなポイントです。 肩が少し落ちているドロップショルダーや、短めの着丈、後ろがラウンド型に少し長くなっているおかげで、今っぽいシルエットを作ってくれます。

パンツはもちろん、タイトからフレアスカートまで、ボトムスとバランスが取りやすく、アウターなのに2990円なのでプライス面でも買い!

以上3点は春コーデをより素敵に見せてくれるはず。ぜひチェックしてみて下さいね! 以上「ユニクロ&GUで狙うべき!大人なプチプラベージュアウター3選」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」