簡単! 春のきれい色、派手色を大人が浮かずに着る方法

この色ステキ!と思って手に取ったお洋服が、実際に合わせてみるとなんだか浮いて見える……という経験はありませんか?でも「アラフォーだから似合わない」訳ではありません。アイテム選びや合わせ方次第で自然に着こなせるはず。そのコーデのコツをお伝えします!

きれい色は難しい……と感じる方に! 簡単コーデのコツ

色のパワーを取り入れると気持ちまで明るくなるので、春こそぜひ取り入れて

春はショップにもたくさんきれいな色のアイテムが並びますよね。ですが、「素敵!」と思わず手に取ってみたものの、いざ合わせてみるとイマイチ浮いて見えた……なんて経験はないでしょうか?

でもそれは色が派手だからではなく、実は合わせ方に原因があるかもしれません。アラフォーという年齢も関係なく、実は着こなし次第で、誰でもどんな色でも着られるんです。きれい色コーデのコツについてお伝えしていきます。

目立つ色をアラフォーが着るなら、ボトムスが取り入れやすい

ボトムスの方がより着回せるのでコスパも◎ 出典:WEAR

インパクトのあるカラーを取り入れるなら、ボトムスが着回しやすくおすすめ。トップス次第で印象を変えられるので着こなしの幅も広がりますし、トップスに比べ顔から距離ができるので「よくあの色を着ているな」とも思われにくくなるはず。

色が目立つので、大人の女性ならアイテム自体はきれいめなシルエットを選ぶとバランスよく着こなせます。パンツならセンタープレス入りやテーパード、スカートならハリのある素材やスリット入りなど、辛口なアイテムの方が、色による膨張感も抑えられます。

羽織りもののきれい色パワーで顔を明るく!

きれい色カーディガンならインナーで印象を変えたりニット風にも着られる 出典:WEAR

「派手色のトップスを合わせたら顔映りが悪くて似合わなかった」という経験がある方は、ニットやカットソーで選んでいませんでしたか?

派手めのきれい色のトップスは、ぜひカーディガンでトライしてみて下さい。色のインパクトが強くても、インナーを挟むことで顔に馴染ませることができます。

これからの季節ならカットソーやTシャツで、白を選べば何にでも合いますし、ベージュ、ライトグレーなどのニュートラルなカラーも合わせやすいです。細いボーダーのカットソーを合わせたら、デニムと相性抜群のポップで楽しいコーデにも。

カーディガンの色ごと、例えばピンクのカーディガンにはベージュピンクのインナー、グリーンのカーディガンにはミントカラーのインナーなど、色をずらしてグラデーションのようにコーデすると、簡単でオシャレ上級者の雰囲気に。低コストで印象が変えられて、人とかぶりにくいのでおすすめです。
 

ロングアウターでサンドイッチすれば何でも着られる

ロングアウターがあればどんな色or柄でも取り入れやすい 出典:WEAR

きれい色、派手色で、長め丈のスカートやワイドパンツなど面積の大きいボトムスを選んだ場合は、ロング丈のアウターでサンドイッチするのがおすすめ。外側の輪郭をしっかり縦長に見せてくれるので、どんなボトムスでもスッキリと着やせ効果もアリ。

トレンチコートやスプリングコートにパンプスなどきちんと感のあるシューズを合わせると、より洗練された印象に。きれい色が程よく引き立って、華やかさのあるコーデに仕上がります。

ご近所コーデこそきれい色を取り入れて気分もアップ 出典:WEAR

最後に、着こなしのコツではないですが、つい適当になってしまうご近所コーデこそ、きれい色がおすすめ。色のパワーを取り入れると簡単にオシャレした雰囲気のコーデが作れるんです。アウターとスニーカーが同系色なら、キメ過ぎにも見えないですし、トートバッグやリュックなど、小物でカジュアルダウンしても◎。アクティブに動く予定だけど、オシャレ心は忘れたくない日にもきれい色は活躍してくれます。

 

春はぜひきれい色を取り入れてみてくださいね! 以上「 簡単! 春のきれい色、派手色を大人が浮かずに着る方法」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応