カジュアルダウンし過ぎ!ワーママがやりがちなNGファッション

お仕事用のドレスコードがしっかりあるママほど、休日のカジュアルコーデが苦手な場合も……。でもある程度形が決まっているお仕事コーデよりも、カジュアルコーデのほうが、ちょっと古い感じにもなりやすいんです。やりがちなNG例についてお伝えします!

ワーママあるある! ラフ、地味……今っぽいカジュアルが苦手

お仕事コーデよりその人のセンスが表れてしまう休日コーデ、ワーママがやりがちなNG例は?


ドレスコードがしっかりあって、普段かっちりした格好をされているワーママほど、カジュアルダウンを実践する時がなく、あまり慣れていなかったりします。

平日は週5日働いて、週末しか着る機会がないカジュアルコーデ。お子さんの年齢によって選ぶものも変わるので、それも無理もありません。

ただ、カジュアルコーデはきれいめコーデより自由度が高い分、トレンドも流動的。数年前のカジュアル服のみでコーデを組んだりすると、実はオンの日よりもオフの日のほうが「ちょっと古い感じ」が出やすいんです。ついついやりがちなコーデ例を見ていきましょう。


 

一気にカジュアルになり過ぎる

楽チンな服……でもコーデまで楽するとラフ過ぎてしまうかも?

トップスはスウェットやパーカーまたはニット、デニムにスニーカーなど、休日になると少々カジュアルダウンし過ぎてしまう方も。今はスポーツテイストのコーデも流行っていて、一見楽で、簡単にも見えますが、カジュアルウエアこそ全体のバランスが重要。「今のトレンド」をしっかり把握している方でないと、この全身カジュアルがただのルーズな人になってしまう危険性も。

例をあげると、でかでかと大きくロゴが入っているトップス! 服だけが幼くなってしまい、顔とのバランスが合わなくなってしまうので大人にはNGアイテムなんです。

ただダラッと楽チンな服を着ているように見せないためにも、ゆるい×細いのバランスや、ウエストイン、下に白アイテムを着て少しのぞかせたり、三首見せ、髪をまとめて頭を小さく見せるなどメリハリをつけるように意識すると、かなり見え方が改善されるのでおすすめです。
 

スカートコーデがひと昔前の雰囲気に……

意外に難しい大人のスカート選び。お仕事用はある程度形が決まっているので、悩むこともありませんが、プライベート用は少々ハードルが上がります。

出産前に購入したお気に入りのスカート(またはワンピース)を「育児が落ち着いたから!」と身に着けてみたら、ちょっと違和感を感じることがあるかもしれません。

一番怪しいのが、実は「丈感」。アラフォー世代は特に、膝が隠れる丈が使いやすく、トレンドの面から見ても◎。新調するなら、まずはシンプルで、ハリ感のある堅め生地の長めスカートがおすすめ。3000円以下のプチプラでも十分なものが手に入ります。

全身黒でもチェック柄スカートを入れるだけでぐっと旬に 出典:WEAR

手持ちの洋服が全部似たようなベーシックカラーのものばかり……という場合は、大人の女性でも取り入れやすいチェック柄の長め丈スカートを、一点投入してみると、手持ち服にも映えるはず。面積の大きいスカートを変えると今っぽいカジュアルコーデに近づけやすいので、おすすめです。
 

ニットコーデがシンプルすぎて地味

オフの日の定番、ニットコーデ。ですが、万年同じでイマイチ垢抜けない場合も……。これは、コーデ全体の色使いが暗すぎたり抜けのポイントがなかったり、シルエットがもたついていて、結果、単なる地味に見えてしまっているのが原因。

「シンプルでシック」を目指すなら、コーデをトータルで見た時の①サイズ感と、②抜け感&メリハリづくりを意識するのが近道です。また、存在感のある「上質なニット」も頼りになります。

定番のニットコーデを地味ではなく「シンプルでシック」に見せられたら怖い物なし!

①のサイズ感に関して重要なのは、パンツの丈感、ウエストの位置や襟元の詰まり具合など、ごまかしのきかない部分です。

パンツの裾が靴の上でくしゅっとたるんでしまうほど長いのは論外。ウエストはここ最近ずっとハイウエスト気味がトレンドなので、ローライズだとひと昔前の感じに……。また、首元が大きく開いているトップスも少し古さを感じさせますし、アラフォー世代だとルーズに見えるので気を付けて。

②の抜け感やメリハリづくりでは、前だけインしたり、白のロンTを重ねて首元や裾からチラッと覗かせると、軽やかさをプラスしてくれます。

また、上質なニットは存在感がありシンプルに着てもオシャレ感が出るため、そこに投資するのもアリ。くすんだパステルなど、キレイ色で大人が取り入れやすいカラーを投入するのも、簡単にメリハリがつけられ、おすすめです。


避けるべきNGポイントを押さえておけば、休日コーデも悩まずに済みます。ぜひチェックしてみて下さいね! 以上「カジュアルダウンし過ぎ注意!ワーママがやりがちなNGファッション」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応