脱・デカ尻!アラフォー世代を小尻に見せるボトムスの選びコツ

アラフォー女性の中には「お尻が大きく見える」ことに悩んでいる方も多いのだとか。でも、ボトムスの選び方次第である程度は解決できます! 今回はパンツ、スカート両方の、小尻に見せるポイント&避けたいNGポイントをご紹介。チェックしてみて下さいね!

「ヒップが大きい」お悩みはボトムス選びでカバー可能

小尻に見せる選び方を知っておくと、ボトムス選びがぐっと楽に!

女性もアラフォー世代になると、腰まわりにお肉がつきやすく、「コンプレックスは大きなお尻!」という方は、決して少なくないと思います。大きなヒップが目立ってしまうと、どうしてもおばさんっぽく見えてしまい、おしゃれがどうにも決まらない……。

でも、ボトムスの選び方次第で、見え方はだいぶ変えられます! ボトムスの中には、ヒップを大きく見せるものと小さく見せるものがあります。ポイントさえ押さえておけばショッピングやコーディネート決めもよりスムーズになるかも? 詳しくお伝えしていきます。
 

スカートのおすすめ/気を付けたいポイント

■ハリ素材でヒップのボリュームを抑える

ふわっとした素材では、ヒップは余計大きく見えます。少しハリ感のある素材で、直線的なラインのスカートならボリュームを抑えてくれます。デニムやチノ、固めのコットン素材が使いやすいです。
 

■ステッチやスリット等どこかに「縦ライン」があると小尻に

肉感に負けないハリ素材&ステッチでさらにスッキリ見え

ステッチや切り替えのライン、スリットなど、縦のラインを感じさせるディテールが入っているとなおよし。ヒップの丸みよりも縦ラインが目に付くので、スッキリ見える効果があります。
 

■チェックや小花柄など、細かい柄はカバー力◎

細かい柄ならコーデしやすく、ボリュームもカバーしてくれる

無地のスカートだとどうしてもヒップまわりのシルエットが目立ってしまいますが、小さな柄はラインが出過ぎず、カバー効果が高いです。小さめのチェックや小花柄は着回しも効き、使いやすくておすすめです。

逆に大柄だとボリュームが出てしまうことも……。取り入れたい場合は色使いやトップスとのバランスを見ながらトライしてみて下さい。
 

■トレンドの柔らか生地のタイトスカートは素材や色に注意

柔らか素材のスカートはカラーや生地感もチェックして

長め丈のニットスカートは今のトレンドアイテム。春夏になると似た形でカットソー素材のスカートも登場します。伸縮性があるので着心地が楽チンで、ウエストもゴムであることが多いため、いつもはキツく感じるサイズでも「これなら入る!」という方も多い人気アイテム。

長め丈でタイトなIラインものが多いため、着やせする形としては合格です。ただし、体型にぴったりしたデザインだったり、柔らかい素材のため、着ているうちに伸びてしまいヒップまわりが大きく見えることもある点が少々デメリット。

この形なら、縦のラインを感じさせるリブ素材や、ブラックやネイビー、グレーなどのダークカラーだとヒップが悪目立ちせず着られるので、おすすめです。
 

パンツのおすすめ/気を付けたいポイント

■ポケットなどバックスタイルにアクセントは必須

お尻に何も飾りがないものは、のっぺりして余計大きく見えるのでNG。ヒップのポケットや、ステッチが入っているものなど、アクセントがあるものなら目線を集めてくれて、ヒップが間延びして大きく見えるのを防いでくれます。

前からは問題なくても、後ろに何も飾りがないと、お尻が大きく見えがちです

ジョガータイプのスウェットパンツなど、生地が柔らかいものはヒップの形をそのまま見せてしまうので、アラフォー世代が一枚ではく時はアウターでカバーするなど注意が必要です。
 

■生地が堅めの袴のようなワイドパンツは要注意

堅い生地だと肉感を拾わないので、脚のラインをカバーするにはもってこい。ですが、ワイドパンツの場合は、構造上スカートのようにストンと落ちるのではなく、袴のように広がるものもあります。それでは、ヒップを四角く大きく見せてしまい、どっしり感が強まることも……。

さらにハイウエストのデザインだと、物によっては「お尻が長く見える」こともあります。インしてはく場合などは特に後姿に気を付けてみて下さい。

一番無難なのはやっぱりジャストサイズのもの。テーパードシルエットやアンクル丈のきれいめパンツは、美脚効果も美尻効果もあるので、トレンドに関わらず押さえておきたい一本です。

■立体的なタック入り&センタープレスでスッキリ

タック入りなら立体的に見せてくれるので、パツパツ感もなく◎

腰まわりにタックが入っているものは、あらかじめ立体的にゆとりを持たせて作られています。そのため、パツパツ感が目立つ(=お尻が大きく見える)こともなく、動きやすさやはき心地も問題なし。

タックが入っているものは比較的かっちりしたデザインのパンツが多いので、バックスタイルもポケット付きだったり、アクセントがあるのも嬉しいポイント。さらにセンタープレスが入っているものだと全体的にスラっとして見えるので、アラフォー世代こそ取り入れたいデザインと言えます。

ボトムスを購入するときは、ぜひバックスタイルも確認しながら選んでみて下さいね! 以上「脱・デカ尻!アラフォー世代を小尻に見せるボトムスの選びコツ」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた