脱・ユニクロ!? 大人向けプチプラブランドの優秀アイテム3選

40代以上の大人に向けて作られたブランド「ドゥクラッセ」には、アラフォー女性が今すぐ着たい、リアルクローズが沢山! 今回はその中で5000円以下で着まわしが効く優秀アイテムを厳選してみました。こだわりの詰まった3点をぜひチェックしてみて下さいね!

40代以上に向けて作られたプチプラアイテム!

大人の女性が着映えするアイテムが豊富に揃うドゥクラッセに注目

プチプラで、おしゃれな洋服が手に入るのは嬉しいけれど、ユニクロやGUだと、他の人とかぶってしまうこともありますよね。若い子向けのカジュアルな印象のアイテムが多いので、大人の女性にはなかなか着こなしのハードルが上がることも……。

そこで今回ご紹介したいのは、大人の女性を素敵に見せるアイテムを作り続けている「ドゥクラッセ」。大人の体型を美しく見せる立体裁断や素材選びにこだわっているので、アラフォー女性が今すぐ着たくなるようなリアルクローズが見つかります。今回は5000円以下で見つけた優秀アイテムを3点ピックアップしました。詳しくお伝えしていきます!
 

1. ウエストゴムなのに足が細く見える! 機能的レギパン

ドゥクラッセ ストレッチサーモ・ピンタックレギパン 3990円(税抜)

ストレッチサーモ・ピンタックレギパンは、メディアにも掲載された人気アイテム。サイドの切り替えを前側にずらし、ももが細く見えるよう工夫されています。ウエスト総ゴムで楽チンですが、フロントはもたつかず、すっきり見えるのもポイント。大人の足をほっそり見せてくれるためのこだわりが詰まったアイテムです。

レギンスパンツといってもインナーのような生地ではなく、一枚で履けるハリのある素材感でカラバリは全7色と多め。ベーシックなブラックやグレーから、優しく上品に見えるオフホワイトやベージュ、ストーンなど淡い色合いも豊富なので、大人のきれいめカジュアルコーデにぴったりです。

ストレッチサーモ・ピンタックレギパン 3990円(税抜)

また、こちらは毎シーズン人気の「ストレッチサーモ」という発熱パンツシリーズのひとつ。冬でも暖かく過ごせるオリジナルの吸湿発熱素材を使用しています。体から発する汗や湿気を吸い取り、熱に変えて、体感温度を約3度アップしてくれるのだとか。さらに裏起毛にもなっているので履いた時のヒヤッと感もなく、まだまだ寒いこの時期に頼りになるパンツです。

 

2. 春まで着られる! 軽くてしなやかなボアトップス

ドゥクラッセ やわらかボアプルオーバー 4990円(税抜)

今年トレンドのボア素材。モコモコした素材感がとっても可愛いのですが、アウターなどアイテムによってはカジュアル過ぎたり、若い感じになってしまうことも。

でもこちらのやわらかボアプルオーバーは、ニット感覚で気軽に着られるのが特徴。パンツだけでなく、レースやプリーツのスカートなど女っぷりが上がるボトムスと合わせても素敵にまとまる、使えるアイテムです。

ゴワゴワとしたボアではなく、軽くてしなやかなボア素材なので春先まで活躍させられそう。ちくちくせず快適に着られるよう、裏側に肌触りのよいジャージー素材を貼ったというこだわりも嬉しいポイントです。軽くて楽チンなのでついつい手が伸びてしまいそう。写真のグレーはカジュアルに、ネイビーならより落ち着いた雰囲気で着られます。
 

3. 波型のカットが可愛い! 春まで活躍のスカラップトップス

ドゥクラッセ スカラップ・オーロラ・プルオーバー 4990円(税抜)

フェミニンなプルオーバーニットも5000円以下で手に入ります! 首元が波型のスカラップカットになっていて、襟の形もボートネックなのでニットでもフェミニンな印象。袖もベルスリーブになっていて、大人の女性に似合う甘さが◎。レーヨンがベースのしなやかな素材感なので、素肌に着てもチクチクせず、気持ちよく着られます。ミルキーなアイボリーの色合いは、どんなコーデにも合わせられて万能に着回せそうです。

ドゥクラッセ スカラップ・オーロラ・プルオーバー 4990円(税抜)

ドゥクラッセでは大人の顔がパッと明るく映えるトーンをセレクトしているのだとか。そのため、カラーものを取り入れたい時も安心して選べるのもアラフォー女性には心強い! このスカラップ・オーロラ・プルオーバーも、写真のピンクの他に目の覚めるようなブルーと、淡いトーンが上品なペールブルーというカラーが展開されています。冬コーデの重たい色使いに飽きて、差し色のニットを探している方にもおすすめです。

ぜひチェックしてみて下さいね! 以上「脱・ユニクロ!? 大人向けプチプラブランドの優秀ワンピース3選」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」