脱・部屋着!トレンドのスウェットをおしゃれに着こなすコツ

今年のトレンドアイテムであるスウェット。ニットより気を遣わず着られて、肌触りも良いスウェットは、今の寒い時期から春までガンガン着られるアイテム。気にしたいのは部屋着にならないように着ること! オシャレに見せるスウェットの活用法をお伝えします。

スウェットを活用! 冬から春の着回しコーデ

一枚でも重ね着にもぴったりなスウェットはこれからの時期、使えるアイテム

スウェットは今年のトレンドアイテム。コットン素材が含まれているものも多いため、肌触りもよく、洗濯機で洗えるのでニットより気を遣わずに着られるのが嬉しいですよね。

スウェットの唯一のデメリットといえば、パジャマっぽく見えてしまう可能性があること。大人の女性が取り入れるには、部屋着感を出さず、スマートに着るのがポイントです。今回はそのコツをふまえながら、冬から春の間に役立つ着回し方についてご紹介していきます。

 

極寒の時はシャツやタートルとの重ね着で取り入れる

少し大きめを選べば下にシャツを重ねても楽々着られる 出典:WEAR

外はまだまだアウター必須の寒さ。そんな時は中にスウェットを着こむのがおすすめ。物によっては、編み目から風を通してしまうニットよりも暖かいかも?

アウターありきならあまりスウェット感も目立たないので、部屋着っぽく見える心配も少ないですが、室内に入った時など、アウターを脱ぐ場面もありますよね。

ゆとりのあるスウェットに重ねるにはオーバーサイズのシャツが使いやす

そんな時は下にシャツをレイヤードすると、ラフで柔らかなスウェット生地と、ハリのある固めのシャツの素材感のミックス感がオシャレなニュアンスに。防寒度もアップします。スウェットは少しゆとりがあるサイズ感であることが多いので、シャツもすんなり重ねられます。スウェットがもともとカジュアルなので、あまり気にせず重ねて大丈夫。 シャツの裾が後ろから出ていてもOKです。

また、薄手のハイネックを中に重ねるのもおすすめ。ジャストサイズで薄い生地感のものをお持ちの方はぜひトライしてみて下さいね。どちらの重ね着も暖かさ、オシャレ度ともにアップするので、寒い時期に使えるテクニックです。

 

オーバーサイズで中に着こんでも◎

肩が落ちたようなドロップショルダーや、身幅にあえてゆとりを持たせたものなど、オーバーサイズのスウェットもたくさん出ています。大きめでラフなスウェットは生地感も厚く、下に着たもののシルエットも拾わないので、インナーを着こんで防寒対策をしつつ、コーデの主役にしてまとめるのもおすすめ。

厚みのあるオーバーサイズは防寒にもお役立ち 出典:WEAR

パンツはもちろん、プリーツスカートやロングスカートなどフェミニンなアイテムと合わせて、テイストミックスなコーデにしても◎。少し暖かいような日なら、上から大きなストールを巻くだけで外出できることも。

またダウンベストやジレなど、袖のない羽織ものも、スウェット自体がカジュアルなのでバランスが取りやすいです。冬コーデがマンネリ化しているときにも、新鮮に着られるので、ぜひトライしてみて下さいね。



色使いを絞りニット感覚でオシャレに着る

霜降りグレーのスウェットは、一番部屋着っぽく見えがち。ここはルーズなオーバーサイズよりもあえてジャストサイズのきれいめスウェットを選び、ニットのような感覚で着るのがポイント。ボトムスはデニムでもOKですがインディゴやハリのある素材、ダメージのないクリーンなものを選んで、ラフに見えないように気を付けて。

ベーシックなデザインをニット感覚で 出典:WEAR

色使いを絞っていることと、白ソックス×バレエシューズなどオシャレ上級者なディテールを盛り込むことでスッキリした印象に。赤リップなど、メイクした感のあるヘアメイクともバランスが良いのでおすすめです。このままアウターを羽織れば完璧!

グレーのスウェットを着る時は特に、そのままだと大人の女性は部屋着っぽく見える可能性が高いので要注意。すっぴんのようなメイクや、起きたまま触っていないような印象のヘアや、ひっつめ髪は避けて。ヘアオイルでツヤを足したり、カラーメイクで色を足したりする簡単なことでも見映えが全然違うので、気を付けたいポイントです。
 

爽やかカラーで春の雰囲気にシフト

もう少し春気分を取り入れたい時は、爽やかな色のスウェットにチェンジして。今年はプチプラブランドでも、大人の女性が着やすいピンクベージュやくすみパステルカラーのスウェットが豊富です。引き続き人気のラベンダー色も、甘すぎず、柔らかく見せてくれるのでおすすめです。

今年はスウェットがトレンドなのでカラバリも豊富 出典:WEAR

ベーシックな色が好きな方には、オフホワイトやクリーンな真っ白の色味もおすすめ。どんなボトムスにも合いますし、明るい印象になります。白のスウェットは汚れやすいと思われているので、パジャマに選ぶ方も少なく、部屋着っぽいイメージがあまりないのも高ポイント。スポーティーさがプラスされるので、新鮮なコーデが楽しめるはず。
 

スウェットのよいところをうまく生かして、春まで着回してみて下さいね! 以上「脱・部屋着!トレンドのスウェットをおしゃれに着こなすコツ」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応