フェミニン過ぎると老ける!冬のアラフォーコーデの解決法

35歳を過ぎてアラフォーになると、フェミニン度が強いコーデを着ると老け見えすることも。年齢に伴ってフェミニンさがミセス感に変わってしまうのが原因ですが、メンズっぽさを取り入れたりカジュアルを取り入れれば回避できます。ぜひチェックして下さいね!

アラフォーはフェミニン過ぎると老け見えするので要注意

35歳を過ぎた頃から、じわじわと感じる「これまでの洋服がなんだか似合わない」問題。特に強く感じるのは、「フェミニンな要素が強過ぎると、老け見えする場合がある」ということです。冬コーデは身に着けるアイテム数が多いので、他の季節と違い、引き算するバランス感覚が必要になってきます。その原因と解決法について、詳しくお伝えしていきます。
 

全体的に「女性っぽさ」が強いと老け見えする原因とは

冬の街なかで、こんな女性をよく見かけます。髪は毛先を巻いてセットし、服はワンピもしくはニット&スカートにきれいめコートを羽織って、ヒール、ブランドバッグ、指輪にピアスに腕時計……。どれも普通のアイテムなので、アイテムによってはまったく問題ない……どころか、オシャレに着こなす方も多いのですが、このひとつひとつのディテールにフェミニン度が強いと、なぜかこってりとした感じに見えてしまうのがアラフォー世代……。

アラフォー女性にばっちりファッション&ヘアメイクは危険かも……

女性は年齢を重ねるにつれ、体も顔の表情も丸みを帯びてくるので、雰囲気も20代の時より柔らかい印象に変わっていきます。そこにいかにも女性ならではのテイストを合わせると、妙にハマってしまい、「ミセスっぽい」感じに見えてしまうことが原因です。
 

「さすがにそんな甘いテイストの服はもう着ていない」という場合でも、ヘアメイクやネイルまで含め、少しずつフェミニンな要素を取り込んでいくと、全体で見た時にミセスっぽく見えてしまうのがアラフォー。それを避けるためにも、意識してさじ加減を調整するのがポイントです。
 

即真似できる! 抜け感を作る簡単テクニック

■程よくカジュアル=アクティブさを取り入れる

カジュアル過ぎずきれいめ感も保てるネイビーのスニーカー

ミセス感が漂うのは、落ち着き過ぎて見えることが原因。アクティブに見える要素を取り入れると印象ががらっと変わります。それにはカジュアルを足すのが一番!

ただ大人には似合わないカジュアルアイテムもありますので、あくまできれいめカジュアルとして取り入れて。スニーカーやパーカーならどんな人でも取り入れやすくて◎。おすすめカラーはモノトーン。ネイビーもきれいめ感を保ちつつ、アクティブにも見せてくれるので使えます。
 

■メンズのSサイズニットを取り入れる

普段スカートが多い方なら、ぴったりとしたニットよりも、メンズのSサイズのような少し体が泳ぐニットを合わせると、ユニセックスな雰囲気が足されて今っぽい雰囲気に。今はユニクロのメンズニットのSサイズを女性が着るのも人気なので、プチプラでも十分トライできます。
 

■アクセサリーとトップスのテイストを調節して

左のパールはメンズ風アイテムに、右のメタルフープはフェミニンアイテムに◎

ピアスやネックレスなど目に付くアクセが、パールや揺れるデザインなど女性らしい時は、洋服はクルーネックのニットやシャツなどメンズっぽいものを。メタル感の強いゴールドやシルバーなど硬質な印象のアクセなら、鎖骨が見えて女性らしいVネックのニットやブラウスなどを合わせると、それぞれが引き立て合い素敵に見えます。
 

■あえてメンズライクな腕時計や靴を足してもOK

女性らしいコーデの時は、小物の中でも人の目に留まりやすい腕時計やシューズを、メンズライクなものに変えるのがおすすめ。ゴツめの腕時計やローファーがコーデを締めてくれます。


■「髪も巻いてフルメイク」の時は上半身はマニッシュに

少し華やかにオシャレしたい時こそ気にしてほしいポイントですが、髪も巻いて、メイクもしっかりした場合、トップスも甘いとやり過ぎになりがち。そんな時はマニッシュなジャケットや白シャツをモノトーンでまとめると一転して素敵に見えて、スタイリッシュさもアップします。
 

これまでと違うバランスに挑戦することで、またコーデの幅が広がるかも? ぜひトライしてみて下さいね! 以上「フェミニン過ぎると老ける! 冬のアラフォーコーデの解決法」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」