アラフォー向け!冬の頑張らない華やかオシャレコーデ

気合が入っている!とは思われたくないけど、普段よりちょっとオシャレ感が欲しい時ってありますよね。今から年末年始にかけてのイベント多めなシーズンにぴったりの、頑張らないけど少し華やかさとオシャレ感のあるコーデの作り方をご紹介します。いつもより気分も上がるはず! ぜひトライしてみて下さいね。

いつもよりちょっとだけオシャレ感が出る冬コーデとは

これから年末年始にかけて、女子会やクリスマス、忘年会や地元での飲み会など、イベントが続く時期ですよね。「気合が入り過ぎているのは嫌だけど、普段よりちょっとだけオシャレ感が欲しい!」という時にちょうどいいコーデをご紹介していきます。
 

落ち着きカラーの長め丈ワンピースでシックに

抜け感のある落ち着きカラーのワンピなら完璧 出典:WEAR

オシャレ感が欲しい時の大人の必須アイテムと言えば、落ち着きカラーのワンピース。万人に似合うブラックやネイビーならトレンドに左右されず、長く着られます。レースのディテールが入っていることで、ダークカラーでも重たくなり過ぎない効果が。

膝丈など短い丈の場合は、結婚式用のワンピースのように気合が入って見えてしまうこともあるので、張り切り過ぎない長め丈がおすすめ。この上からロング丈カーディガンやガウンコートをさらっと羽織れば、こなれ感のあるスタイルの完成です。
 

ニットワンピは女性らしく着るのが鉄則

ニットワンピは季節感があって、冬のオシャレ着におすすめです。ただし「女性らしく着る」のが鉄則! 下にタイツやソックスを重ね着したり、ニット帽&ペタンコ靴を合わせてほっこり系にまとめるのは、華やかさに欠けるのでNGです。

足元もヒールやポインテッドトゥでフェミニンに  出典:WEAR

素朴でナチュラルなイメージのニット生地には、ピアスやイヤリングがマスト。ゴールドやシルバーのメタル感やストーン、パールなど、硬質で光る素材を耳まわりに持ってくるとコーデも締まって見えます。足元もフェミニンにまとめるのを忘れずに。

ワントーンにレオパートを少し効かせてオシャレ上級者に  出典:WEAR

ウエストが分かりにくいゆるいシルエットなど、ニットワンピの形によってはほっこり見えがちなので、首元にスカーフを巻く、足元までワントーンで揃える、など細かいアレンジでバランスを取ることも大切です。
 

主役級スカートで分かりやすく華やかに

トップスにキレイ色を持ってくるのも、顔が明るく見えるので◎。特にニットは発色が良いものが多いので◎。今なら、トレンドの毛足長めのシャギーニットやモヘアニットもふわふわとした生地感がリッチなニュアンスをプラスしてくれます。

ですが、普段色もののトップスが苦手という方には、少しハードルを下げてボトムスを華やかにすると簡単にオシャレ見えします。使いやすくておすすめなのはこの2タイプです。

色ものでも体型が分かりにくいスカートなら取り入れやすい  出典:WEAR

1つめは、ブルーやグリーン、パープルなどの寒色系のキレイ色スカートです。寒色系はイエローやレッド、ピンクなどの暖色系に比べて派手すぎず、膨張して見えることがないので、どんな方にも比較的取り入れやすいのがポイント。トップスがシンプルな無地でも十分オシャレ感が出るので、いろんなコーデに応用できます。

モノトーンの柄物スカートは意外にどんなコーデにも馴染む  出典:WEAR  

2つめはモノトーンに近い、ダークな色味のプリントスカートです。なるべく柄が細かいものを選ぶと飽きも来ず、白、黒、紺、ベージュ等どんなベーシック色のトップスとも合うので、色々と着回せます。

どちらも場がぱっと明るくなるような、控えめながら映えるアイテムなので、着たら気分も上がるはず。ぜひこの時期ならではのオシャレを楽しんで下さいね! 以上「アラフォー向け! 冬の頑張らない華やかオシャレコーデ」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」