普通のデニムをおしゃれに着こなす!大人のデニムコーデルール

いつも似たような着こなしになりがちな秋のデニムコーデ。今回は特にアラフォー女性にぴったりの今っぽい着こなしについてお伝えします。シャツやカーディガンなど、定番のアイテムも少し着こなしを変えるだけで旬のムードに早変わり。ぜひチェックしてみて下さいね!

定番デニム、2018年秋冬はどう着こなす?

定番中の定番であるデニムこそ、毎年着こなしに変化を付けていくのが「今っぽいオシャレ」のコツ! 今回はいつも似た着こなしになりがちなデニムを、新鮮に着る方法をご紹介。やり過ぎてもイタいし、やらなさ過ぎもズボラに見えてしまうアラフォー女性を、さりげなくオシャレに見せる着こなしについてお伝えします。
 

シャツ合わせは小物選びやアレンジで遊びを

おすすめなデニム&シャツコーデは、前をインするとさらに◎ 出典:WEAR

秋ならロンTよりもシャツをさらっと合わせて着ると、大人の女性らしい着こなしに。ラフさときれいめ感のバランスも絶妙です。その際、前を少しだけインすると、スタイルアップして見え、こなれ感が出るので◎。色使いはおさえて、大人な雰囲気でまとめるのがおすすめです。コーデがシンプルな分、個性的なイヤリングやピアスで一点を華やかにするのもアクセントになって素敵です。

チェックシャツの前を閉じて、襟元を抜いて着ると新鮮 出典:WEAR

ぜひトライしてほしいのが、白Tを着た上にチェックシャツを合わせて、襟を抜いて着る方法です。定番アイテム同士なのに、ぐっと新鮮な雰囲気に。色使いを絞って大人っぽい雰囲気はキープし、シャツの雰囲気を生かしてみて下さい。スタイル良く見えるのもメリットです。
 

白Tをインしてカーデやジャケットをさらっと合わせる

ハズレなし!アラフォー女性の鉄板デニムコーデ 出典:WEAR

デニムにジャケットは、アラフォー女性に確実に似合い、映える組み合わせなので、鉄板コーデとしておさえておくべき。ショート丈だと決まり過ぎて雰囲気が変わってしまうので、長め丈のジャケットを選ぶのがコツ。縦長のシルエットだけ守っていれば、カラーは昨年から人気のグレー系チェックはもちろん、ダークカラーでも、ベージュやライトピンクなど明るいカラーでもOKです。

カーディガンもキレイめに見えるのはシャツインのおかげ 出典:WEAR

上記のジャケットコーデの雰囲気をそのままに、休日には大きめサイズのカーデをさらっと羽織るのも◎。このコーデはシャツインがポイントなので、アクティブなコーデが好きな方に特におすすめです。ほっこりしがちな大きめカーディガンを、今っぽく着こなせます。
 

カーディガンを前閉じアレンジで新鮮に

コンサバになりがちなカーデを前閉じで今っぽく! 出典:WEAR

クルーネックのカーディガンはコンサバ風になりがち。特にベーシックな地味目カラーは、オフィスでアンサンブルで着こなすイメージも強いですよね。ですが、今年は首まできっちりボタンを留めて、ニット風に着こなすのが旬。カーデの持つミセス感を払拭するためにも、キレイ系の小物やスカーフをさらっと合わせてこなれた雰囲気にまとめて。

飽きがちなカラーカーデも前閉じで旬に 出典:WEAR

秋に発売されるカラバリのあるカーディガンは、オレンジや黄色、グリーンやパープルなど、濃いめの色であることがほとんど。色のインパクトが強いため、飽きがくるのも早そう、と思われがちですが、今年は前を閉じてニットのように着るのが旬。カーデは羽織りのイメージが強いですが、前を閉じると、着まわし度もアップします。レトロでも上品で野暮ったさがないので、アラフォー女性にこそぴったり。今すぐ再現してみてほしいおすすめの着こなしです。
 

手持ちアイテムでできる着こなしも多いので、ぜひトライしてみて下さいね! 以上「2018年秋のアラフォーデニムコーデ おすすめの着こなしとは」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」