ヒール嫌いを克服!GU2490円のマシュマロパンプスが優秀すぎる

スタイルよく見せてくれるのはわかっているけど、足が痛い、辛い……とヒールを履かなくなってしまった方。多いのではないでしょうか。でも、そんなヒール離れを克服できる、優秀なプチプラパンプスがGUから登場しました! フカフカな履き心地は画期的。チェックしてみて下さいね!

シンプルな美デザイン、楽ちん、プチプラ!と三拍子揃ったGU神パンプス

マシュマロパンプス 2490円(税抜)

確実にスタイルよく見せてくれるヒール。でも足が痛い、たくさん歩けない、など履き心地が問題で、遠ざかっている方も多いのではないでしょうか? いい靴なら痛くないかも!?とも思うものの、高いお金を払って、結局履かなかったら……などと思うと、もうなかなか手が出せないですよね。

でも! そんな女性の心に響く、シンプルな美デザイン、楽チンさ、プチプラと三拍子揃ったパンプスが登場しました! GUのポインテッドパンプスです。

一般的に、女性がパンプスで痛みを感じやすいのは、 足の先端、指の部分ですよね。特にパンプスが当たる部分や指の第一関節(パンプスを脱ぐと赤くなっているところ)、親指の付け根、小指の付け根の3か所ではないでしょうか。体重をかけると、どうしても足の先に体重がかかってしまうので、指全体が痛みを感じやすいという人もいるかも……。

ここをクッションで重点的にカバーするなど、とにかく履き心地にこだわって改良されたこのシューズは、通称「マシュマロパンプス」と呼ばれるほどです。

では実際に履いてみて、特に注目してほしいおすすめポイントをご紹介していきます!
 

足の甲のカッティングがキレイで美人度アップ

普通のコーデをさりげない女らしさでまとめてくれるのは、パンプスの力

Tシャツ&デニムなどのごく普通のコーデも、なんとなくオシャレに見せてくれるのはやっぱりパンプスのおかげ。カジュアルだけど気は抜いてないですよ!と思わせる、コーデを引き締める力を持っているのがパンプスです。

上写真の通り、足の指から出ている筋感が見えるのが女性らしいポイント。ここのカットが野暮ったいとおばさん向けのパンプスになってしまう危険もあるです。さすがGUのマシュマロパンプスはもちろんクリア。「なんとなくキレイな人」に見える、浅めのカットになっています。
 

使いやすい5~6cmヒールとフカフカな履き心地

このパンプスのヒールは5〜6cmなので、履いても安定感があり、ヒールが久々な人でも抵抗なく履ける高さ。楽そうだからと選んだ2~3cmのローヒールだと、ルックスがイマイチなこともありますが、これぐらいの高さならサイドから見てもキレイで、オフィスから結婚式やパーティーなど、いろんなシーンで使えます。

そして、足を入れてみるとかかとまわりや、ぐっと踏み込む部分など、あちこちでクッションのフカフカ感を感じるので、安心して履けるところも魅力です。

ヒールは5~6cmで、スカートでもパンツでも使いやすい高さ

カラバリも7色と豊富で、ブラックやライトグレーなどのベーシックカラーから、差し色になるアクセントカラー、グレーのチェック柄など、秋冬らしいカラーが揃います。

個人的に気になるのは、この秋冬のトレンドであるダークグリーンのような「68 BLUE」や、洋服で取り入れるのは難易度の高い「47 YELLOW」など。差し色としていろいろ活用したいな、とコーデの妄想が膨らみます。

これだけ機能が揃って2490円(税抜)はやっぱりお買い得。ぜひチェックしてみて下さいね! 以上「ヒール嫌いを克服!GU2490円のマシュマロパンプスが優秀すぎる」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」