オシャレな人の共通点!? 気付けばみんなフラット靴だった!

最近、オシャレな人の足元を見てみると、フラット靴で自然体のオシャレを楽しんでいる人が目立ちます。ラフ過ぎず、女っぽさも絶妙にキープした大人カジュアルスタイルは、フラット靴で十分作れるんです。おすすめのシューズ別に、コーデのポイントをお伝えしていきます。

楽チン+オシャレ=フラット靴

最近、オシャレな人の足元に、ある共通点があることに気が付きました。それは、「フラット靴」だということ。自然体のオシャレを楽しんでいる人が目立ちます。

オーガニックのものが人気だったり、物を持ちすぎないミニマルライフが流行るなど、時代は「盛る」のとは逆で、無理なくナチュラルな方向になってきています。そんな流れを反映して「歩けてオシャレ」なフラット靴が重宝されているのかも? 詳しくお伝えしていきます。
 

バレエシューズで女性らしい華奢なこなれ感を

形がクラシカルな美シルエットなので、色や素材で遊んでも奇抜にならない

フラット靴のなかでも定番人気のバレエシューズ。足の甲が多く出るのと、上品でクラシカルなデザインで、履くだけで女性らしい華奢な足元に仕上がります。

特にパンツスタイルに合わせると、大人のカジュアルコーデをほんのり品よく見せてくれます。シルエットが定番なので、色や素材に遊びがあるものを選んでも、コーデに合わせやすいのも特徴です。
 

コーデが締まるフラットパンプスを上手に使って

シンプルコーデに使うと、簡単にぐっとオシャレに

ポインテッドトゥパンプスやローファー、オペラシューズなどデザインが豊富なフラットパンプス。ぺたんこでもカジュアル過ぎずコーデを引き締めてくれるので、大人カジュアルの足元にぴったり。メタリックな色合いや、ドットやギンガムなどのトレンド柄をナチュラルに取り入れられるのはヒールよりも断然フラットパンプス。コーデが寂しい時には断然このタイプがおすすめです。
 

ヌーディーなペタンコサンダルは履きまわし度抜群

夏の足元に迷ったら、ヌーディーなフラットサンダルをまずゲットしてみて下さい。足にも馴染み、どんなカラーのコーデも受け止める履きまわし度はダントツ。合皮ではなくレザー素材を選べば、シックな大人っぽさもプラスしてくれます。
 

ローテク系のスニーカーは渋めの色でまとめて

ロング丈のキャミワンピースや長め丈のスカートなど、フェミニン度の高いアイテムの足元を、さらっと渋い色のスニーカーで合わせるコーデもよく見かけます。控えめながら足元のスポーティーさが光り、とっても今っぽい雰囲気に。

夏のイベントやフェスなど、少し力を抜いたオシャレを楽しみたい時に最適な組み合わせ! 女性らしい服、特に長めボトムスにはヒールのパンプスではなく、シンプルな渋色のスニーカーを持ってくるのが旬。ロング(長い)&リーン(細い)なシルエットで、洗練された大人カジュアルの出来上がりです。
 

トレンドのスリッパ風サンダルなら自然な抜け感を

つっかけのようなスリッパ風サンダルは、昨夏に引き続き今年もトレンド。今季は特にスエード調やタッセル付きなど、昨年よりきれいめなテイストに。ロングパンツや、全体をワントーンでまとめたゆるいコーデの足元にもってくると自然にまとまります。

逆に大人のショートパンツコーデなど、アクティブな雰囲気に合わせると子供っぽくなってしまうので避けて。
 

無理してヒールを履くより、可愛いフラット靴のコーデで、楽チンに自分らしくオシャレを楽しんで下さいね! 以上「オシャレな人は気付けばみんなフラット靴だった!」でした。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応