あのご当地グルメがおにぎりに!ローソン「ご当地もんにぎり」新発売

ローソンでは、オリジナルブランド“おにぎり屋”の新シリーズとして、日本各地のご当地グルメや食材をおにぎりにした「ご当地もんにぎり」を発売。「チキン南蛮おにぎり」や「帆立バター醤油おにぎり」など、4月24日から順次、全国のローソン店舗に登場する

日本各地の名物がおにぎりで手軽に味わえる!

ローソンでは、オリジナルブランド“おにぎり屋”の新シリーズとして、日本全国各地のご当地グルメや食材をおにぎりにした「ご当地もんにぎり」を、4月24日(火)から順次、全国のローソン店舗で発売します。


「ご当地もんにぎり」は、全国各地のご当地グルメを手軽に楽しめるようにと、各地の名物メニューや食材を「おにぎり」にアレンジしたというもの。ローソンのオリジナルブランド“おにぎり屋”の新シリーズとして、第1弾(4月24日発売)は「宮崎篇」「北海道篇」の2品、第2弾(5月15日発売)は「京都・大阪篇」「東京篇」の2品を発売するといいます。


ローソンによれば、ご当地ならではの美味しいグルメを「ご当地もんにぎり」として日本各地に届け、日本中のマチを盛り上げていくのだとか。
 

4月24日(火)発売のおにぎりは「宮崎篇」の「チキン南蛮おにぎり」(税込168円)と「北海道篇」の「帆立バター醤油おにぎり」(税込175円)の2種類。

宮崎県名物のチキン南蛮を再現。卵をつけてから衣をまぶして揚げた鶏むね肉を、​​​​甘辛のタレとさっぱりした酸味のタルタルソースで味付け 

北海道篇の中身は、北海道産バターと醤油で香ばしく焼き上げたベビーホタテ(ホタテ稚貝)。帆立に合うよう、ごはんも北海道産バターとだし醤油で味付けした


5月15日(火)に発売するのは、「京都・大阪篇」の「だし巻玉子おにぎり」(税込158円)と「東京篇」の「深川めしおにぎり」(税込140円)の2種類です。

京都・大阪篇は、関西で人気の「だし巻」をトッピング! 焼津産の鰹と北海道産利尻昆布を使ったダシの旨みたっぷりのだし巻と醤油味のごはんの間にはおかかを挟み、食べやすく仕上げているそう

東京名物の「深川めし」は、ダシと味噌でじっくり煮込んだあさりを長ネギ・油揚げと一緒に混ぜ込んでおにぎりに

  

あなたのアイデアがおにぎりになるかも!?

「ご当地もんにぎり」の発売に合わせ、『食べてみたい「ご当地もんにぎり」』のメニューを募集。応募されたメニューから厳正なる選考のうえ商品化を行い、全国のローソン(※)で発売されるのだそう。(時期は未定)
※商品内容によっては、一部地域を除いた発売となります。
 
<募集概要>

  • 募集期間:4月24日(火)~5月7日(月)
  • 応募方法:Twitterでハッシュタグ「#ローソンご当地もんにぎり」をつけて、メニュー案を投稿(詳細は4月24日以降、ローソンのホームページ内(http://www.lawson.co.jp/)を参照)
  • 選定方法:募集期間終了後、ローソン社内の審査委員会で選考のうえ、商品化を決定

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」