「大阪プレート」にまるごとメロンスイーツ、ホテルグランヴィア提供

JR大阪駅直結のホテルグランヴィア大阪にあるカフェレストラン「リップル」で、たこ焼きや串かつなどの大阪グルメが1品ずつ贅沢に味わえる「大阪プレート」やメロンづくしのスイーツを、2018年5月から2ヶ月限定で提供する。

たこ焼きや串かつなどの大阪名物が1品ずつ楽しめる

ホテル1階のカフェレストラン リップルで提供する「大阪プレート」。2018年5月と6月の限定メニュー / ホテルグランヴィア大阪 提供

たこ焼き屋や串かつといった大阪のご当地グルメが一品ずつワンプレートで味わえるメニュー「大阪プレート」を、ホテルグランヴィア大阪が2018年5月1日から2カ月限定で提供する。


提供場所は、ホテル1階のカフェレストランリップル。ここでは、ランチやディナー、軽食としても食べやすいワンプレートのメニューを2カ月ごとに変えて提供しており、ホテル宿泊客やランチなどで訪れる人々から人気となっている。


今回の「大阪プレート」では、大阪名物のたこ焼き、串かつ3種をはじめ、どて焼き風のソースがかかったオムライスも味わえる。どて焼きは、牛すじ肉をみそやみりんで煮込んだ料理で、作家・織田作之助が手掛けた大正後期から昭和初期の大阪を舞台とした小説『夫婦善哉』にも登場することで知られる。
 

味のレベルは高くボリュームも十分、大阪気分が満喫できる

大阪プレートでは、地元ではおなじみのグルメ「どて焼き」がオムライスで味わえる / 筆者撮影

この「大阪プレート」を一足早く味わってみた。


まず、真っ先にたこ焼き、串かつが目に入ると「大阪に来た」という気分になり、旅行者や出張者にはうれしいはず。もちろんできたて、揚げたてで、高級ホテル直営のレストランだけあって素材にこだわり、味のレベルは文句なし。


また、どて焼きも大阪が誇るれっきとした名物グルメであり、これをオムライスで味わうとなおのこと美味しく感じられた。お吸い物が大阪の庶民料理、はりはり鍋風なのも良かった。


なにより1品ずつ、大阪名物のグルメがあれこれと一気に味わえるのがいい。ボリューム的にもちょうどいい量だった。大阪プレートの価格は2,080円、提供時間は11時から21時まで。
 

メロンを丸ごと1個使った贅沢なスイーツも5月と6月限定で登場

メロン好きにはたまらない贅沢スイーツ「ころころメロンのまるごとカフェ」(2,000円) / ホテルグランヴィア大阪 提供

また、メロンを丸ごとスイーツで贅沢に味わうメニュー「ころころメロンのまるごとパフェ」(2,000円)も、2018年5月と6月に登場。一口サイズのメロンを各種ソースにつけてじっくり味わうことができる、メロン好きにはたまらないスイーツとなっている。メロンパンのようなシュークリーム、メロンに入ったフレンチトーストなどのメニューも同時発売。


ホテルグランヴィア大阪はJR大阪駅直結で、中央改札から徒歩1分足らずで着く近さ。ホテルへの宿泊時はもちろん、出張で訪れた際にも、是非味わってみてはいかがだろうか。問い合わせ先は06-6347-1401(カフェレストラン リップル直通)


【関連サイト】
ホテルグランヴィア大阪
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」