2年連続で200万食超の人気「クリームチーズテリヤキバーガー」復活

モスバーガーでは、2018年3月27日~5月下旬まで、「クリームチーズテリヤキバーガー」と「クリームチーズダブルテリヤキバーガー」を期間限定で販売。色が変化する「ラベンダーレモネード」、「玄米フレークシェイク いちごぜんざい」も同時発売します

モスバーガーでは、2018年3月27日(火)~5月下旬まで、全国の店舗(一部店舗除く)にて「クリームチーズテリヤキバーガー」と「クリームチーズダブルテリヤキバーガー」を期間限定で販売します。そのほかにも注目メニューが登場しており、注目ですよ!


「テリヤキバーガー」をアレンジしたこちらの商品は、一昨年から3~5月に期間限定で販売し、2016年は約220万食、2017年は約235万食を売り上げた人気商品だとか。
 

和風のテリヤキソースと洋風のクリームチーズの絶妙な組み合わせ

醤油と味噌(赤味噌、白味噌)を使ったオリジナルのテリヤキソースを絡めたジューシーなパティに、たっぷりのレタスとクリームチーズをプラスしました。


モスオリジナルのクリームチーズは、酸味と旨味のバランスがとれたオーストラリア産のものに、さっぱりとした北海道産などのクリームチーズをミックス。さらに国産バターも加えてあり、コクのあるクリーミーな味わいが魅力。今年は昨年よりもさらに濃厚な味わいに仕上げているそう。

「クリームチーズテリヤキバーガー」390円
パティ(肉)の代わりに、大豆由来の植物性たんぱくを使用したソイパティへの変更も可能
「クリームチーズダブルテリヤキバーガー」510円
2枚のパティで、食べ応えのあるボリュームが嬉しい


 

色が変化する不思議なドリンク「ラベンダーレモネード」も同時発売

新発売の「ラベンダーレモネード(レモン果汁1%使用)」は、ラベンダーなどをブレンドしたハーブティーと、レモン果汁にはちみつを加えたシロップを合わせたオリジナルのレモネード。


ハニーレモンシロップには瀬戸内産のレモンを皮までまるごと使用し、はちみつを加えることでまろやかな甘みを加えているといいます。


また、ハーブティーには酸性のものを加えることで色が変化する「バタフライピー※」というハーブがブレンドされているため、ハニーレモンシロップと混ぜると色が変化するのだか。


※色鮮やかな濃い青色の花を咲かせるマメ科の植物

「ラベンダーレモネード(レモン果汁1%使用)」350円 2018年3月27日(火)~7月上旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて期間限定で販売
2層だったドリンクが、混ぜると鮮やかな紫やピンクに!


 

ほかにも注目したい新登場のメニューが

ほかにも新メニューが登場しています。


●玄米フレークシェイク いちごぜんざい(レギュラー380円/プチ280円、3月27日~7月上旬の期間限定販売)

果肉入りの甘酸っぱいいちごソースとバニラ風味のモスシェイク、あずき、玄米フレーク、白玉などさまざまな食感が楽しめる


 

●くだものと野菜<125ml紙パック>(90円、2018年3月中旬より順次販売)

従来のりんごとレモンの果汁、にんじん、パセリ、ほうれん草に、セロリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、三つ葉の5種類の野菜をさらに追加してリニューアル

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは