欧州遠征メンバー発表!本田の復帰の陰に潜む不安材料とは?

今月下旬にベルギーでテストマッチを行なう日本代表メンバーが発表された。6月にロシアW杯開幕を控え、今回の遠征は最終的なメンバーの絞り込みの機会となる。果たして、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はどのような選手を選んだのか。

今月下旬にベルギーでテストマッチを行なう日本代表メンバーが発表された。6月にロシアW杯開幕を控え、今回の遠征は最終的なメンバーの絞り込みの機会となる。果たして、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はどのような選手を選んだのか。
 

ディフェンスリーダー吉田が不在

チームは3月19日にベルギーで集合し、同日からトレーニングを開始する。23日のマリ戦と27日のウクライナ戦はもちろん、日々のトレーニングも重要な意味を持つ。
 

発表されたメンバーをポジション別に見ていくと、GKはすでにW杯を想定した3人と言っていい。過去2度のW杯に出場し、フランスのメスでプレーする34歳の川島永嗣(※20日に35歳になる)がレギュラーで、31歳の東口順昭(ガンバ大阪)、23歳の中村航輔(柏)が控えである。年齢バランスのとれたグループだ。
 

ベルギーとのテストマッチは0-1だった日本代表(写真:JFA/アフロ)
昨年、ベルギーとのテストマッチに呼ばれていた吉田は負傷のため選出されなかった(写真:JFA/アフロ)

 

DFは現時点でスタメン出場が濃厚な右サイドバック酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、左サイドバック長友佑都(ガラタサライ/トルコ)、センターバック槙野智章(浦和)の3人が順当に選ばれた。一方で、ディフェンスリーダーのセンターバック吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が負傷で参加できない。代わって14年のブラジルW杯に出場した森重真人(FC東京)が、昨年3月以来の復帰を果たしている。
 

その他のDFでは、センターバックとして昌子源、植田直通(ともに鹿島)、左サイドバックとして宇賀神友弥(浦和)と車屋紳太郎(川崎)、右サイドバックとして遠藤航(浦和)が選出されている。植田は右サイドバックで、遠藤はセンターバックやMFで起用されるかもしれない。
 

香川と井手口も招集外に

6人がピックアップされたMFでは、主将の長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、山口蛍(セレッソ大阪)のふたりの主力が選出されたが、昨年途中からレギュラー格だった井手口陽介の名前がない。1月に移籍したスペイン2部のクルトゥラル・レオネサで、この21歳は出場機会が限られていることが理由だ。
 

井手口と浅野
W杯最終予選で結果を残した井手口陽介(左)と浅野拓磨も所属チームで出場機会を得られず、代表選出には至らなかった(写真:JFA/アフロ)

 

また、ケガで戦線離脱中の香川真司(ドルトムント/ドイツ)は、昨年11月の欧州遠征に続いて招集外となった。
 

長谷部と山口とともに選ばれた4人のMFは、チームの戦い方によって起用されるかどうかが決まってくる。守備に軸足を置いた戦いでは、ボールを奪う力に優れる三竿健斗(鹿島)の存在がクローズアップされる。逆に攻撃的に戦うなら、ベルギーで好調な森岡亮太(アンデルレヒト)が先発に指名されるはずだ。攻守にバランスのとれたプレーヤーの大島僚太(川崎)と柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)は、どのような戦略でも生きるタイプだ。
 

本田の復帰と中島の初招集

FWでは本田圭佑が復帰した。在籍するパチューカ(メキシコ)で得点に絡むプレーを見せており、昨年9月以来の招集は妥当である。右ウイングのポジションを巡って、久保裕也(ヘント/ベルギー)とレベルの高い競争を繰り広げるだろう。
 

本田圭佑
クラブでも調子がよい本田圭佑が復帰(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

 

センターフォワードのポジションでは、W杯のレギュラーにもっとも近い大迫勇也(ケルン/ドイツ)、昨年のJ1リーグ得点王の小林悠(川崎F)、同2位の杉本健勇(セレッソ大阪)の3人が競う。小林は右ウイングでの出場も想定される。
 

センターフォワードにも、代表の常連の名前がない。岡崎慎司(レスター/イングランド)がケガで選考外となっているのだ。また、右ウイングのポジションで浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)も外れている。こちらはケガでなく、クラブで試合に出ていないことが理由だ。
 

中島
ポルトガルで結果を出している中島翔哉が初選出(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

左ウイングは原口元気、宇佐美貴史(ともにデュッセルドルフ/ドイツ)、中島翔哉(ポルティモエンセ/ポルトガル)の争いだ。宇佐美は昨年6月以来の代表入りで、中島は初選出となる。
 

W杯の登録メンバーは23人だが、今回は26人でチームが編成された。ハリルホジッチ監督の思いを代弁すれば、テストをしたい選手、連携を見たい組み合わせが、それだけあるということなのだろう。
 

現状は楽観できるものに非ず

おおむね順当と言っていい選考のなかで、驚きがあるとすれば乾貴士の落選だ。所属するエイバルでは主軸の働きをしているだけに、彼を呼ばない理由はない。乾は昨年11月に招集しているので、今回はクラブで調子をあげてきた宇佐美を見たい、というのがハリルホジッチ監督の狙いなのだろうが……。
 

inui
昨年キリンチャレンジカップに出場した際の乾(​​​​​​写真:西村尚己/アフロスポーツ)​​​​

ただ、W杯開幕を3か月後に控えたこの段階で、なおもテストをする余裕が日本にあるのか、という考えも成り立つ。
 

左サイドからの仕掛けが鋭く、守備意識の高まりも顕著な乾は、W杯でもチームの力になれる選手だ。彼を加えたコンビネーションの確認や熟成も、今回の遠征のテーマに含まれていい。
 

さらに言えば、経験と実績のある吉田、香川、岡崎をケガで招集できず、W杯出場決定の試合で得点をあげた井手口と浅野を呼べない現状は、決して楽観視できるものではない。今回の遠征が終われば、次はもうW杯直前の5月下旬にしか集合できないのだ。

Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    東京は“日本一貧しい”街。それでも地元に帰らず「家賃9万円」のために働く元タレント・32歳女性の今

  • 世界を知れば日本が見える

    トラブル続きの「ブッキングドットコム」。大規模クレカ被害はなぜ起きた? 利用者ができる「対策」とは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    グリーン車の利用価値は上がる? 東海道新幹線で「モバイルオーダーサービス」を使ってみた

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『翔んで埼玉』続編はなぜこんなに笑えるのか。埼玉県民、滋賀県民の熱狂を生んだ「発明」とは