見せてもらおうか「機動戦士ガンダム THE ORIGIN展」の魅力とやらを!

THE GUNDAM展

THE ORIGIN展、行きます! (c)創通・サンライズ

1979年にTV放送された伝説的アニメ『機動戦士ガンダム』を、当時アニメーションディレクターとキャラクターデザインを務めた安彦良和氏が2001年から2011年にかけてコミカライズした漫画作品『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』。親しみある繊細なタッチで、新たな解釈とともに描き出された長編作品は、全24巻で累計1000万部を超す大ヒットを記録しました。

2015年からは、その『THE ORIGIN』の映画化がスタート。主要登場人物であるシャアとセイラの知られざる幼少期の物語をひもとく「シャア・セイラ編」が順次3話まで上映され、特に3DCGを採用したメカニックシーンは「新しいガンダム」として、80年代にTVアニメを見ていた30~40歳台の大人世代の話題を集めています。

2016年8月22日(月)まで松屋銀座(東京)で開かれる『GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展』では、安彦良和氏による漫画原画にはじまり、設定資料・アニメ原画・背景画・3DCGなど、アニメ『THE ORIGIN』の制作過程が分かるオリジナルの資料や映像300点以上が一挙に公開されています。その魅力をお伝えします。
 

通常の3倍の時間をかけて観たくなる貴重な資料の数々

ジオン・ズム・ダイクン像

エントランスを入ると、ジオン・ズム・ダイクン像が! ファンなら「ジーク・ジオン!」と言いたくなること間違いありません (c)創通・サンライズ


会場内には、原作、台本、絵コンテ、キャラクター設定、メカ設定、美術設定、プロップ設定、アニメ原画、3DCG、音楽などクリエイターの力を結集した膨大なアニメーション制作の過程が展示されています。

ガンダム展

ほとんどの展示が初公開 (c)創通・サンライズ


『THE ORIGIN』の美しいアニメーションを生み出す絵コンテからアニメ原画にいたるオリジナル資料は、約200点もあり圧巻! 登場人物を全て並べて身長差が一目で分かる資料なども興味深いもの。

ガンダム展

原画の筆致や細かな指示は必見 (c)創通・サンライズ


さらに、1~3話の名場面映像、そして秋に公開予定の第4話の予告映像や一部の資料を特別に先行披露し、総監督を務める安彦良和氏がプロモーション用に描き下したカラー原画も展示されています。原画に書き込まれているセリフやト書きが手書きなのは必見! ファンにはたまらないはずです。

『THE ORIGIN』に登場するガンダムの1/10スケールの立像「1/10 RX-78-02ガンダム」も初公開。細部をよく見るとTV版『機動戦士ガンダム』との違いを発見できるでしょう。

ガンダム像

よく見ると、いろいろと気付きのあるガンダム像 (c)創通・サンライズ


展示の最後には、2016年11月19日より公開される『THE ORIGIN』の第4話「運命の前夜」のポスターが。最後の最後で再び否応なしに胸が高鳴り、ワクワクし公開が待ち遠しくなります。

「まだまだっ!」グッズコーナーでは展覧会限定ガンプラほか、約70種類のアイテムを販売

ガンダムグッズ

クリアファイルは裏もこだわっていたり、要チェック (c)創通・サンライズ

そして、そんな展示を全て見終わった後にたどり着くのが物販コーナー。イベント開催を記念した限定ガンプラ(ガンダムのプラモデル)をはじめ、Tシャツやトートバッグなどのアパレル、文具などの雑貨、複製原画などのオリジナルグッズも約70アイテムと多数販売。美術資料コーナーで目を引いた登場人物の背比べのイラストを使ったノートやタオルに注目。

また、ガンプラもスケルトンタイプがあり、最後まで大人を意識したラインナップです。
 

安彦良和総監督とシャア役の池田秀一さんによる燃え上がるコメント

安彦良和総監督と池田秀一さん

左より安彦良和総監督とシャア役の池田秀一さん

開期前日には、安彦良和総監督とシャア役の池田秀一さんが来場してのプレス内覧会がありました。

共同インタビューで印象的だったのは、安彦監督が「展示している原画などは全てコピーではなく、原画なので、よく目を凝らして1点1点見て下さい。そして、作品の息吹を感じ取って下さい」と、おっしゃった事です。

また、池田さんは、2016年11月19日に公開される『THE ORIGIN』第4話アフレコ時のエピソードを披露。

4話では、いよいよアムロが登場するので、久し振りにアムロ役の古谷徹さんと 再会し、アフレコ終了後にお二人で飲みに行かれたそう。シャア役とアムロ役のお二人がサシで飲みながらの会話。ファンなら、隣りの席で聞き耳を立てたくなってしまいますね。

第4話公開を前にファンなら是非とも行っておきたいアート展は8月22日まで。
また、手ぬぐい(赤い彗星)の特典付き第4話劇場前売り券1900円(税込)も8月20日から発売開始。「THE ORIGIN展」を観て、秋の映画第4話の気分を盛り上げたいですね。

■「GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展」
会場:松屋銀座8階 イベントスクエア
住所:東京都中央区銀座3-6-1
アクセス:東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線「銀座駅」A12番出口直結
期間:2016年8月3日(水)~8月22日(月)
<入場は閉場の30分前まで・最終日は17:00閉場>
入場料:一般800円、高大生600円、小中学生400円 ※未就学児無料
公式Webサイト