マックの「チキンタツタ」と「チキンタルタ」が濃厚リッチに進化!

マクドナルドは、「チキンタツタ」を発売27年目にして初めてリニューアルした“凄”「チキンタツタ」と、 昨年初登場の「チキンタルタ」をリニューアルした“凄”「チキンタルタ」を2月7日(水)から全国の店舗にて期間限定で販売

絶対両方食べたくなる!“凄”「チキンタツタ」と“凄”「チキンタルタ」

マクドナルドは、「チキンタツタ」を発売27年目にして初めてリニューアルした“凄”「チキンタツタ」と、昨年初登場の「チキンタルタ」をリニューアルした“凄”「チキンタルタ」を2月7日(水)から全国の店舗にて期間限定で販売すると発表しました。

「朝マック」にも登場するというので、一日中いつでも食べられるのも嬉しいところです。


また、新商品とDeNAの人気スマートフォン向けアプリ『逆転オセロニア』とのコラボレーションキャンペーンも展開。両商品を食べてパッケージ内部に印字されているQRコードにアクセスするとゲーム内に限定コラボキャラクター(駒)をゲットできるほか、様々なコラボを実施するそう。こちらもお見逃しなく! 

『逆転オセロニア』とのコラボキャンペーンは、2月7日(水)00:00~2月28日(水)23:59まで。特設サイト:https://mcd.cpn-othellonia.com/

 

ソースの旨みがぐんとアップした“凄”「チキンタツタ」

1991年より多くのファンに愛されてきた「チキンタツタ」は、ほのかな甘みのあるふんわりとしたオリジナルバンズに、生姜醤油の風味香るやわらかなチキンパティとシャキシャキの千切りキャベツ、クリーミーでちょっぴり辛味のあるソースにとともにサンドした日本ならではの人気商品なのだとか。そのおいしさに加え、今回はソースの卵黄を1.5倍に増量。ソースのコクや厚み、旨みが増して、“凄”「チキンタツタ」としてよりリッチな味わいに生まれ変わったといいます。
 

タルタルソースのたまごが1.5倍になった“凄”「チキンタルタ」も

「チキンタツタ」にたっぷりたまごのタルタルソースを合わせ、昨年「チキンタツタ」のライバルとして新登場した「チキンタルタ」もリニューアル。さらにおいしくなった“凄”「チキンタツタ」に、たまごを1.5倍に増やすことでより具材感と濃厚なたまご感が増したタルタルソースをプラスしたそう。たまごの白身のプリプリとした食感と卵黄のコクをたっぷりと感じられるこの“凄”「チキンタルタ」は、“凄”「チキンタツタ」に匹敵するおいしさです。
 

「チキンタツタ」と「チキンタルタ」の味を再現したナゲットのソースも登場

昨年好評だったという「チキンタツタ」と「チキンタルタ」の味わいを再現した、チキンマックナゲットのソースも再登場するとか。「しょうが醤油ソース」は、醤油としょうがのすりおろしを合わせた爽やかな酸味のさっぱり味。一方「タルタルソース」は、オニオンとレリッシュの入ったこってり味のタルタルソースで、どちらもチキンマックナゲットとの相性抜群です。
 

商品概要

●“凄”「チキンタツタ」 
価格:単品380円、バリューセット680 円(※1)、朝マックバリューセット580円(※2)、朝マックコンビ450円(※3) 

●“凄”「チキンタルタ」 
価格:単品380円、バリューセット680円(※1)、朝マックバリューセット 580円(※2)、朝マックコンビ 450円(※3)
 
●チキンマックナゲット しょうが醤油ソース/タルタルソース 
価格:「チキンマックナゲット」を購入すると付いてくる(※4)


<販売期間>

2018年2月7日(水)~3月初旬(予定) 
 

<販売時間>

全営業時間帯 
朝マックバリューセット・コンビは開店~午前10時30分まで (24時間営業店舗では午前5時00分から午前10時30分まで)
 

<販売エリア>

全国のマクドナルド店舗(一部店舗を除く)
 

※1 バリューセットは、サイドメニュー(マックフライポテトMサイズ、チキンマックナゲット5ピース、サイドサラダ、スイートコーンのいずれか1つ)、ドリンクMサイズ(またはマックシェイクSサイズ、カフェラテSサイズのいずれか1つ)付き 
※2 朝マックバリューセットは、サイドメニュー(ハッシュポテトまたは、ホットアップルパイ)、ドリンクMサイズまたはカフェラテSサイズのいずれか1つ付き 
※3 朝マックコンビはドリンクSサイズ付き 
※4 「チキンマックナゲット5ピース」はソース1個付き、「チキンマックナゲット15ピース」はソース3個付き   


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化