小平奈緒「勇気と感動を届けたい」平昌五輪の日本選手団が結団式

2月9日(金)から25日(日)までの17日間、韓国・平昌(ピョンチャン)で開催される第23回五輪冬季競技大会(2018年平昌五輪)に出場する日本選手団の結団式と壮行会が1月24日、東京都の大田区総合体育館で行われました。

9個のメダル獲得を目指す

2月9日(金)から25日(日)までの17日間、韓国・平昌(ピョンチャン)で開催される第23回五輪冬季競技大会(2018年平昌五輪)に出場する日本代表選手団の結団式と壮行会が1月24日、東京都の大田区総合体育館で行われました。
 

平昌に向かう日本代表選手団は、選手123名を含めた総勢267名で構成されています(前回大会のソチ五輪では、選手は113人でした)。主将はスピードスケートで初の金メダルを目指す小平奈緒選手、旗手は8度目の出場となるスキージャンプ、葛西紀明選手が務めます。なお、日本代表選手団は9個のメダル獲得を目指すとしています。
 

「旗手代行」高梨沙羅選手に団旗を授与

団旗授与
旗手代行の高梨沙羅選手が団旗を受け取る

この日の結団式と壮行会には、海外などへ遠征をしている選手らを除いた95人が参加。団旗授与では日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長から日本代表選手団の齋藤泰雄団長に団旗が手渡され、さらに齋藤団長から、海外遠征中の葛西選手に代わってスキージャンプの高梨沙羅選手へと団旗が授与されました。
 

結団式で竹田会長は、「チーム日本の一員として、自覚と責任、そして誇りを持ち、これまで培ってこられた自己最高のパフォーマンスを発揮できるよう、万全の態勢を整え、正々堂々と全力で競技に挑んでいただきたいと思います」と激励しました。
 

2020年東京五輪での飛躍につながるように…

日本代表選手団の齋藤団長は「前回ソチ五輪夏季大会以降、JOCの選手強化本部では、『人間力なくして競技力向上なし』のスローガンのもと、夏季冬季競技一体となって競技力向上に努めて参りました。その結果、今回は最強の布陣を編成し、これまで国外で開催された冬季大会での競技成績を上回る結果が期待されています。日本代表選手団は、最高のパフォーマンスを発揮し、大きな成果を持って帰国できるよう最大限の努力を行うことを約束します」と自信を見せました。

小平奈緒
結団式・壮行会終了後の記者会見で小平選手は、主将になったことについて「主将という役割は、恥ずかしがり屋の私自身に合っていないと思うこともあるが、競技に向かう姿勢を他の選手に伝えられたら」と意気込みを語っていました

そして小平主将は、「皆様への感謝の気持ちを忘れず、自覚と責任を持って、大会に挑みます。最高のコンディションで臨み、それぞれがベストのパフォーマンスを発揮できるよう全力を尽くしてまいります。われわれ冬季競技の選手の活躍が、次期開催となる2020年東京五輪での飛躍につながるよう、平昌から東京へ、そして日本中、さらには世界へ勇気と感動を届け、未来の希望となれるよう、チームジャパン一丸となって精進します」と誓いの言葉を述べました。
 

「冬を燃やせ がんばれ日本」選手を激励

松岡修造ら
MCの平井理央さん、応援団長の松岡修造さん、応援サポーターの小島瑠璃子さんが会場を盛り上げました
小塚
小塚崇彦さんは選手村での思い出話を披露。ラム料理がおいしかったことや、ゲームセンターがあったことなどを語っていました

壮行会には、近隣の小学校の児童のほか、全国の応募者から選ばれた観客など約5,000名が参加。応援団長の松岡修造さん、応援サポーターの小島瑠璃子さん、ゲストオリンピアンの小塚崇彦さんらとともに、会場が一体となって「冬を燃やせ。がんばれ日本」と、選手たちにエールを送りました。

また、応援アーティストのAIさんも駆けつけ、AIさんは「キラキラ」と「ハピネス」を熱唱。キッズダンサーをしたがえ歌声で応援していました。また、「ハピネス」では、選手団にマイクを向けて一緒に歌う場面もありました。

AI
AIさんは「キラキラ」と「ハピネス」を熱唱。「ハピネス」では、選手団にマイクを向けて一緒に歌う場面もありました

応援を受けたスピードスケートの加藤条治選手は「子どもたちがたくさん練習してきたことがこちらにも伝わり、目標に向かって毎日精一杯頑張る勇気をもらえました。僕たちも五輪でしっかり結果を出して、また皆さんに勇気を返せるように頑張りたいです」と述べ、同じくスピードスケートの高木美帆選手も「心から感動して今も震えています。響くものがあって、改めて頑張ろうと思いました。私たちの頑張りで、皆さんの手を1つにつなげられるようにしたいなと思いましたし、またこの勇気をお返しできるように頑張りたいです」と感謝の気持ちを語っていました。また、高梨選手も「会場の応援して下さる皆様と一緒になれ、たくさんパワーをいただきました。結果でまた会場を沸かせられるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語りました。

選手たち

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も