横浜駅西口やみなとみらいに『ONE PIECE』キャラクターがARで出現

『ONE PIECE』のキャラクターがARで出現するデジタルスタンプラリーが開催(画像提供:DMM VR THEATER)
『ONE PIECE』のキャラクターがARで出現するデジタルスタンプラリーが開催(画像提供:DMM VR THEATER)

世界初の3DCGホログラフィック常設劇場・DMM VR THEATER(横浜市西区南幸町2-1-15)と横浜市がタイアップした、デジタルスタンプラリーが2018年1月20日(土)から始まった。漫画・アニメで大人気の『ONE PIECE(ワンピース)』のキャラクターたちが、同シアターがある横浜駅西口周辺(9ヵ所)とみなとみらい21地区(6ヵ所)にAR(拡張現実)で現れる。
 

デジタルスタンプラリーは、同シアターでオリジナルホログラフィック作品『ONE PIECE ドラマティックステージ THE METAL ~追憶のマリンフォード~』が期間限定公開(1月20日~2月25日)されるのを記念したイベントで、2月25日(日)まで開催される。

スポット5ヵ所以上のスタンプを集めると、公演限定チケットホルダーを全員にプレゼント。数に限りがあるので、なくなり次第終了となる(画像はイメージ、画像提供:DMM VR THEATER)
スポット5ヵ所以上のスタンプを集めると、公演限定チケットホルダーを全員にプレゼント。数に限りがあるので、なくなり次第終了となる(画像はイメージ、画像提供:DMM VR THEATER)

同ラリーは、ソフトバンクが提供するARアプリ「ふらっと案内」を使用。スマートフォンなどの端末にインストールし、アプリに掲載された案内をもとにポイントを巡ると、横浜の街を背景に『ONE PIECE』のARキャラクターが現れる。それを撮影してスタンプを集めていく。スタンプを指定数集め、同シアターの窓口で画面を提示すると、限定ノベルティプレゼントのほか、公演チケットなどが当たる抽選に参加できる。くわしくは、下記参加方法のページを参考のこと。※毎週火曜日は休館日のため景品交換はなし

URL:デジタルスタンプラリー参加方法について
 

横浜駅を『ONE PIECE』のキャラクターたちがジャック!

2月21日までは上映作品のビジュアルを使ったポスターが掲示された。女性ファンが1枚ずつ熱心に撮影する姿も。画像は東急東横・みなとみらい線改札内の階段の様子(2018年1月19日撮影)
2月21日までは上映作品のビジュアルを使ったポスターが掲示された。女性ファンが1枚ずつ熱心に撮影する姿も。画像は東急東横・みなとみらい線改札内の階段の様子(2018年1月19日撮影)

合わせて、2018年1月15日(月)~1月21日(日)まで、横浜駅の4電鉄(京浜急行電鉄、JR東日本、相模鉄道、東急東横)の改札内にある大型看板に、上映作品のビジュアルを使ったポスターが掲示された。続く1月22日(月)~2月4日(日)には、横浜駅みなみ西口エリア、横浜駅みなみ通路にあるデジタルサイネージと柱の広告スペースをキャラクターたちがジャック。ストーリーのあらすじや、各キャラクターにキャッチコピーが設定されているなど、ファン必見の空間となる。

同作品の敵キャラクター・海軍中将グレイドルの悪魔の実の名前とセットでSNSに写真を投稿することで、公演チケットが50名に当たるキャンペーンも同時開催。同シアターに行く前にチャレンジしてみては。
 

「頂上戦争」シーンを3Dで!臨場感あふれるライブホログラフィック

『ONE PIECE ドラマティックステージ THE METAL ~追憶のマリンフォード~』ビジュアル(画像提供:DMM VR THEATER)
『ONE PIECE ドラマティックステージ THE METAL ~追憶のマリンフォード~』ビジュアル(画像提供:DMM VR THEATER)

『ONE PIECE ドラマティックステージ THE METAL ~追憶のマリンフォード~』は、最新鋭の3DCG技術を使ったオリジナルのライブホログラフィック作品。立体的なキャラクターたちがステージ上に現れて、激闘を繰り広げる。同作品のために描き下ろされたオリジナルストーリーで、新たな悪魔の実「メタメタの実」の能力者・海軍中将グレイドルをはじめ、ワンピースファンにはたまらないマリンフォード頂上戦争の名場面も登場する。

最先端映像表現であるホログラフィック技術で『ONE PIECE』のキャラクター達がステージ上に現れ、激闘を繰り広げる。7.1chサウンドシステムで四方八方から鳴り響く立体的な音響が加わり、ほかでは見られない作品となっている(画像提供:DMM VR THEATER)

最先端映像表現であるホログラフィック技術で『ONE PIECE』のキャラクターたちがステージ上に現れ、激闘を繰り広げる。7.1chサウンドシステムで四方八方から鳴り響く立体的な音響が加わり、ほかでは見られない作品となっている(画像提供:DMM VR THEATER)
最先端映像表現であるホログラフィック技術で『ONE PIECE』のキャラクターたちがステージ上に現れ、激闘を繰り広げる。7.1chサウンドシステムで四方八方から鳴り響く立体的な音響が加わり、ほかでは見られない作品となっている(画像提供:DMM VR THEATER)
​ 公演観覧時の応援アイテムとして「肉ライト」を入場時に貸与。インタラクティブな仕掛けで盛り上がれる!(画像提供:DMM VR THEATER) ​
​ 公演観覧時の応援アイテムとして「肉ライト」を入場時に貸与。インタラクティブな仕掛けで盛り上がれる!(画像提供:DMM VR THEATER) ​

 

屋外エリアには無料で楽しめる「ワンピースワールド」が展開

「DMM VR THEATER」には『ONE PIECE』キャラクターと一緒に撮影できる屋外展示が登場。入場は無料でチケットを持っていなくても撮影OK(2018年1月19日撮影)
「DMM VR THEATER」には『ONE PIECE』キャラクターと一緒に撮影できる屋外展示が登場。入場は無料でチケットを持っていなくても撮影OK(2018年1月19日撮影)
屋外展示壁面にはキャラクターたちがずらりと勢ぞろい(2018年1月19日撮影)
屋外展示壁面にはキャラクターたちがずらりと勢ぞろい(2018年1月19日撮影)
シアター内ロビーには主人公モンキー・D・ルフィの立体像が登場(ここまでは入場料はかからない)(2018年1月19日撮影)
シアター内ロビーには主人公モンキー・D・ルフィの立体像が登場(ここまでは入場料はかからない)(2018年1月19日撮影)


同シアターでは『ONE PIECE』キャラクターをイメージしたオリジナルメニューや会場限定グッズなどの販売も行う。また、屋外エリアには同作品に合わせて描き下ろされたトリックアートをはじめ、立像やフォトスポットなどが設置されており、こちらは入場無料で誰でも楽しめる。開館時間や上映スケジュール等は下記公式サイトで確認を。

URL:『ONE PIECE ドラマティックステージ THE METAL ~追憶のマリンフォード~』
 

(C) DMM.futureworks Co., Ltd. (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション