崎陽軒の社員がダンスに挑戦!創業110周年記念事業の一環で

崎陽軒の社員が踊る「ダンス動画」の公開がスタート。売店でおなじみの赤い制服が印象的(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)
崎陽軒の社員が踊る「ダンス動画」の公開がスタート。売店でおなじみの赤い制服が印象的(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)


崎陽軒(横浜市西区)の社員が踊る「ダンス動画」が2018年1月19日から公開された。この動画は、23年に渡り、国際的なダンスフェスティバル「横浜ダンスコレクション」をプロデュースしてきた横浜赤レンガ倉庫1号館(横浜市中区、運営:横浜市芸術文化振興財団)が「横浜からダンスが広がる、ダンスでつながる!」をキーワードに、ダンスを楽しんで劇場を知ってもらうことを目指して取り組む「企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト」の一環として制作された。
 

同プロジェクトでは、企業・地域と劇場が連携して、オリジナルダンス作品を共同制作し、企業プロモーションとなるダンス動画を公開している。2017年は、JVCケンウッドがプロジェクト・パートナーとなり、ダンスをテーマとした企業プロモーションビデオ『JVCKENWOODancing』を制作した。2018年は、4月に創業110周年を迎える崎陽軒が記念事業の一環としてダンスに取り組んだ。


ダンス動画のタイトルは『LinK 110th(リンク ヒャクジュウ)』。社内公募に手を挙げた社員が、ダンス経験や性別、年齢、部署を超えて参加している。ダンス動画に登場するのは、総勢33名。9月に募集を開始し、週に1~2度のペースで練習を重ね、11月に動画撮影に挑んだ。社員のほかに、崎陽軒キャラクター・ひょうちゃん、そして野並社長と野並専務がソロダンスで登場する。

動画はこちらのページへ

https://akarenga.yafjp.org/event/adp2017/

  

プロの指導で初心者ばかりのメンバーが日々成長

ダンスを指導する、DAZZLEの長谷川達也さん(右)と金田健宏さん(左)(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)
ダンスを指導する、DAZZLEの長谷川達也さん(右)と金田健宏さん(左)(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)


ダンスの振付は、国内外で活躍するダンスカンパニー「DAZZLE」。「社員のつながり」と「企業の一体感」を表現するオリジナルダンスを制作した。

振付したDAZZLEの長谷川達也さんは「完成させるのは難しいかもしれない、と練習初日に思った」と振り返る。そのぐらい、ダンス初心者ばかりだったという。その後の成長、作品の出来栄えに、深い感動を覚えたとのこと。「参加した皆さんと、作品を観てくれる皆さんに、ダンス表現の可能性と、その魅力が伝わったらとてもうれしく思います」(長谷川さん)

メンバーの高井さんおすすめ、手をパラパラさせるシーン(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)
メンバーの高井さんおすすめ、手をパラパラさせるシーン(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)

ダンスに参加した高井さんは「みんなダンス初心者だったので、難しい振りが多く、苦労しました。始めは顔も名前もわからないメンバーでしたが、練習を重ねるうちに一体感が出てきましたね。縦1列になって手をパラパラさせてピタッと決まるところ、中央に集まってきてふわっと開くところなど、観ていただきたいです」と、話す。
 

ダンス動画に登場するロケ地やひょうちゃんを探して

映像ディレクションを担当した西野正将さん。撮影や編集も西野さんが行った(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)
映像ディレクションを担当した西野正将さん。撮影や編集も西野さんが行った(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)

映像ディレクションを担当した西野正将さんは「11月に2日間かけて撮影を行いました。横浜赤レンガ倉庫1号館や崎陽軒の社員の皆さんが働く現場で撮影したので、人がいない朝6:00から撮影をスタートして、2~3時間で撮り終えるというスケジュールでした。崎陽軒さんから『こういう場所で撮って欲しい』というオーダーはありましたが、その場の雰囲気で『こうしよう』と意見を出し合いながら、ワイワイと楽しく撮影できました。

単に“社員が踊っている動画”というだけでなく、ダンス映像に登場するのは、実際に訪れることが可能な場所なんです。崎陽軒の工場見学ルートや併設のプチ・ミュージアム、本店レストランの一画、横浜赤レンガ倉庫1号館のホールなど。ドラマのロケ地を探すみたいに、ぜひ訪ねてみてください。ただし、社長室だけは見学不可ですね(笑)。ひょうちゃんも随所に登場しますので、探してみてください」と、見どころを教えてくれた。

自然にみんなが踊りたくなってしまいたくなるような、ポップで明るい楽曲は、若手人気音楽家・蓮沼執太さんが制作。このオリジナルダンスのための書き下ろした曲となっている。


 

崎陽軒社員が横浜赤レンガ倉庫イベント広場でダンスを披露

崎陽軒の社員が踊る姿を実際に見られる!(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)
崎陽軒の社員が踊る姿を実際に見られる!(撮影:菅原康太、画像提供:横浜赤レンガ倉庫1号館)


そして、このダンスは実際に見ることができる。2月2日(金)からスタートする「横浜ダンスコレクション2018」のプログラムのひとつ「青空ダンス@横浜赤レンガ倉庫イベント広場」で披露される。青空ダンスは2月10日、11日の2日間(14:00スタート)開催され、崎陽軒の社員によるオリジナルダンス『LinK 110th』は11日に予定している。

2月11日の本番に向けて、練習を重ねるメンバーの皆さん(2018年1月16日撮影)
2月11日の本番に向けて、練習を重ねるメンバーの皆さん(2018年1月16日撮影)


横浜赤レンガ倉庫1号館の担当者は「映像の演出では、企業の一体感が表現されています。舞台となっているのは、崎陽軒本店や横浜工場、横浜を代表する歴史的建造物であり、劇場やギャラリースペースを備える横浜赤レンガ倉庫1号館と屋外広場。横浜市の歴史と文化、地域のつながりを背景に、見る人が心も身体も踊りだすほど、崎陽軒の社員が躍動しています。これを機に、ダンスや劇場に興味を持って、足を運んでいただければうれしいです」と話す。
 

URL:横浜ダンスコレクション2018

URL:企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト

URL:2017年『JVCKENWOODancing』の動画