ハワイ人気続く!LCC「スクート」大阪-ホノルル線が就航

LCC「スクート」の大阪(関西)-ホノルル線が2017年12月19日から運航開始した。日本とハワイを結ぶLCCは、同路線のエアアジアXに続く2社目。この初便に搭乗した際の様子、またスクートの使用機材、座席やサービスなどについても紹介する。

エアアジアXに続き!関空発着のLCCホノルル路線

テープカット
ホノルル行きの出発を前に、スクートや関西空港の関係者らが搭乗ゲートの前に並んで就航記念のテープカットが行われた / 筆者撮影


シンガポールを拠点とする格安航空会社(LCC)のScoot(スクート)が2017年12月19日、大阪(関西)-ホノルル線に就航した。日本とハワイを結ぶLCCの路線は、2017年6月に就航したエアアジアXに続く2社目。スクート初のアメリカ路線で、週4便で運航する。通常運賃は往復で27,600円(諸税込)からで、空席状況などによって変動する。
 

【運航スケジュール】

  • TR700:大阪→ホノルル 19:25→07:30 ※月・火・金・土の運航(金曜は18:50→07:00)
  • TR701:ホノルル→大阪 09:35→14:00(+1) ※月・火・金・土の運航

また、シンガポール-大阪(関西)線の直行便も翌12月20日に同時就航となった。
 

スクートのホノルル初便出発を前に就航記念セレモニー

初便に搭乗する
ホノルル行き初便の搭乗客にスクートから記念品が配布された / 筆者撮影


大阪発ホノルル行きTR700初便の出発を前に、関西空港で就航記念セレモニーが行われた。
 

スクート・シンガポール本社のビノード・カナンCEOが挨拶し、今回がスクート初のアメリカへの路線であること、シンガポールとの直行便で短時間に移動できるようになり、また、2017年7月にタイガーエアと経営統合して就航路線が増えたことなどをアピールした。
 

フラダンスも披露
出発ゲート前では就航記念のフラダンスも披露された。フラダンスを踊るのは関西学院大学フラサークル「KUKUI」のメンバー / 筆者撮影


また、関西学院大学のフラサークルによるフラダンスもあり、ハワイ路線の就航ムードを盛り上げていた。

機内ではクイズ大会も
ホノルル行きの初便、機内で行われたハワイ語の意味を当てるクイズ大会の様子 / 筆者撮影


そして、TR700初便はほぼ満席で関西空港を出発。機内ではこの便限定で、スクートのスタッフによる搭乗客が参加するクイズ大会、プロのフラダンサーと乗客がフラダンスを踊るイベント、金券などが当たる抽選会も行われ、大いに盛り上がっていた。
 

LCCの就航続く、日本人のハワイ人気がさらに高まる可能性

チェックイン
関西空港でのスクートのチェックインカウンター。チェックイン開始の3時間前から多くの搭乗客が長い列を作った / 筆者撮影


スクートの大阪-ホノルル線は当初、2018年6月までの開設を目指していたが、今回、前倒ししての就航となった。
 

ハワイ州観光局によると、ハワイを訪れる国別の旅行者数は1位のアメリカ本土に続いて2位が日本で、年間のべ約150万人超が訪れるという。日本人旅行客の根強いハワイ人気にLCCでより安く行けるようになると、大手航空会社を含めた運賃やサービスなどの競争がますます激化し、ハワイ人気もさらに加速しそうだ。
 

シンガポールを拠点に「787」で運航する国際線長距離LCC

初便に乗務したクルー
大阪発ホノルル行き初便に乗務したスクートのクルー。終始明るく気さくな雰囲気でサービスを提供していたのが印象的だった / 筆者撮影


スクートは2011年11月、シンガポール航空の100%出資で長距離国際線を運航するLCCとして設立され、2012年6月に運航開始。日本では東京(成田)、大阪(関西)、札幌(新千歳)の各空港からシンガポール、バンコク、台北(桃園)などへの路線に就航する。
 

日本発着便はすべて最新鋭のボーイング787型機で運航。エアバスA320やA330などが多い他社LCCに比べ、スクートの長距離国際線では機内でより快適に過ごすことができる。

ボーイング787
スクートが長距離国際線で使用する「ボーイング787型機」の機内。通路が2本あり、快適な機内環境など評判高い最新機材の1つ / 筆者撮影


座席は、エコノミークラスに加え、ワンランク上のサービスを提供する「ScootBiz」(スクートビズ)の2クラス制。エコノミークラスは「スタンダードシート」「スーパーシート」(787-9のみ)「ストレッチシート」と3タイプあり、座席の前後間隔(シートピッチ)が31~34インチ(78~86cm)と広めだ。有料で機内Wi-Fi、電源用コンセントなども装備する。
 

一方、スクートビズはシートピッチ96cm、リクライニング112度のレザーシートで、座席指定、手荷物の優待、機内食、優先チェックインなどが利用できる。

機内食
スクートの機内で販売する「ビーフカレー」(18シンガポールドル)※大阪→ホノルル線限定 / 筆者撮影


スクートでは、座席指定、機内での食事や飲み物、機内エンターテイメントなどはすべて有料。必要に応じてオプションで選ぶのが可能だ。
 

【関連リンク】

Scoot(スクート)

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応