約2万人動員「ベルばら」オスカル&アンドレのトリックアート展再び

横浜中華街にあるテーマパーク型商業施設「横浜大世界」(横浜市中区山下町97-4)内のアートリックミュージアム5階で、人気コミック『ベルサイユのばら(以下、ベルばら)』とのコラボ企画展「ベルばらの部屋リターンズ」を2017年12月16日(土)から期間限定で開催する。池田理代子プロダクション監修による錯視錯覚アート展で、2017年3月~9月に開催し、約2万人を動員した「ベルばらの部屋」の再開を求める声に応じて復活する。

横浜大世界と『ベルサイユのばら』がコラボした錯視錯覚アート展が再び開催(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)
横浜大世界と『ベルサイユのばら』がコラボした錯視錯覚アート展が再び開催(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)

 

SNS映えすると人気「アンドレの壁ドン」「オスカルの手のひらの上で」

前回の「ベルばらの部屋」は、不朽の名作である『ベルばら』と正式にコラボレーションした世界初の錯視錯覚アート展で、池田理代子プロダクション監修のもと、コミックにもアニメにも登場しない完全オリジナル作品をアートリックミュージアムが制作した。大きなオスカルが手のひらに乗せてくれたり、アンドレが壁ドンしてくれたりと、『ベルばら』の世界に入り込んで一緒に写真を撮ることができるフォトジェニックな作品が勢ぞろいし、たいへんな反響となった。その人気作品が冬休み前に再登場するとともに、今後、新作も登場予定。「ベルばら」ファンにはたまらない、見どころは次の通り。
 

■見どころ1:『ベルばら』原作者・池田理代子先生も体験した「アンドレの壁ドン」

『ベルサイユのばら』原作者・池田理代子先生も「アンドレの壁ドン」を体験(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)
『ベルサイユのばら』原作者・池田理代子先生も「アンドレの壁ドン」を体験(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)

 

■見どころ2:大きなオスカルの手のひらで転がされる様子はインスタ映え抜群!「オスカル様!手のひらで転がして!」

大きなオスカルの手のひらで転がされる様子を撮影できる(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)
大きなオスカルの手のひらで転がされる様子を撮影できる(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)

 
■見どころ3:女子の憧れ!オスカルと夢のひと時が過ごせる「オスカルのお姫様抱っこ」

オスカルに「お姫様抱っこ」してもらえるという、憧れのシチュエーションが叶う(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)
オスカルに「お姫様抱っこ」してもらえるという、憧れのシチュエーションが叶う(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)

 

■見どころ4:笑顔変身写真館(3階)にて「ベルばら撮影プラン」再開

オスカルやマリーアントワネットの衣裳を着て、本格的なコスプレ写真が撮れる。料金は1名5000円(衣裳・小物付、オリジナル台紙付ポストカードサイズプリント1枚)※ウイッグは+500円(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)
オスカルやマリーアントワネットの衣裳を着て、本格的なコスプレ写真が撮れる。料金は1名5000円(衣裳・小物付、オリジナル台紙付ポストカードサイズプリント1枚)※ウイッグは+500円(画像提供:横浜大世界アートリックミュージアム)

 

■見どころ5:ミュージアムショップ(3階)で「ベルばら」オフィシャルグッズを販売

前回購入できなかったオフィシャルグッズを手に入れるチャンス。
 

今後、完全オリジナルの新作も登場予定!

広報担当者は「今後、同展のためだけに制作した完全オリジナルの新作も登場予定です。前回お越しいただいたお客様も、ぜひまたお楽しみください」とコメントしている。
 

■企画展「ベルばらの部屋リターンズ」開催概要

場所:横浜大世界(4~8階)アートリックミュージアム5階フロア
営業時間:平日10:00~20:00、土日祝10:00~20:30
※年末年始(12月29日~1月3日)は9:30~20:30
※チケット販売は閉館の45分前まで
料金:大人1300円、中高生1000円、子ども600円(3歳以下無料)※企画展以外のアートリックミュージアムも観覧可
URL:横浜大世界 https://www.daska.jp/


【関連記事】
オスカルに転がされる?横浜大世界で「ベルばら」錯視錯覚アート展(2017年3月)