新型スズキ・スペーシアは王者ホンダN-BOXに追いつけるか!?

新型スズキ・スペーシアが発表された。3年連続で軽自動車ナンバー1に輝くホンダN-BOXに追い付けるのだろうか。新型モデルの特徴などをまとめた。

3年連続当確のホンダN-BOXがターゲット

スズキ新型スペーシア
新型スペーシアの価格帯は、133万3800円〜158万9760円。スーツケースをデザインのモチーフとした内・外装が特徴

軽自動車の全高を高めた軽ハイトワゴンと呼ばれるクラスが売れている。現在、このクラスをリードするホンダN-BOXは、2017年も軽自動車ナンバー1の座は「当確」といえる売れ行きで、2015年から3年連続で軽自動車ナンバー1に輝くことは間違いないだろう。
 

ほかにダイハツ・タント、日産デイズ・ルークス、三菱eKスペースなどのライバルがあるが、新型スズキ・スペーシア/スペーシア カスタムは、とくに王者たるホンダN-BOXに少しでも迫るべく開発が行われてきた。
 

新型スズキ・スペーシア/スペーシア カスタムの新車発表会において鈴木社長は、先代がホンダN-BOXなどに販売面で差を付けられてしまった理由について、N-BOXが「広く見えるデザイン」を採用していったことや、営業力の差などを挙げていた。
 

大きくなったボディと最新安全装備などを満載

スペーシアカスタム
スペーシア カスタムの価格帯は、157万6800円〜190万8360円。大迫力のフロントマスクが目を引く

新型スペーシア/スペーシア カスタムは、先代よりも全高を50mm高くし、室内高を中心に、広さを徹底追求。さらに、とくにスペーシア カスタムを迫力ある顔つきとして、押しの強さを前面に出している。
 

ブレーキサポート
軽自動車初となる後退時ブレーキサポートなどを含む最新安全装備を全車標準で用意する

また、ペダル踏み間違いによる事故を防ぐ後退時ブレーキサポートを軽自動車で初めて採用したほか、フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ、全方位モニターに3Dビューを搭載するなど、従来、軽自動車では用意されてこなかった最新装備を盛り込んでいる。
 

3Dビュー
フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ、全方位モニター用カメラパッケージに3Dビューを搭載。両車ともに軽自動車初になる

しかも、スズキの強みである原価低減を活かし、価格面でもライバルに差を付けるなど、非常に意欲的(売る気満々)な軽ハイトワゴンといえるだろう。
 

なお、全車にマイルドハイブリッドを搭載し、最高値30km/Lという低燃費も注目点になっている。ファミリーユースを中心に、幅広い層に訴求する新型スペーシア/スペーシア カスタム。年末年始の販売現場でスズキの目玉車種になるのはもちろん、2018年の成否も左右するモデルの1台といえそうだ。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」