お嬢様気分を味わえる!お台場で”いちごスイーツビュッフェ”

ヒルトン東京お台場では12月26日から2018年3月15日まで、「シースケープ テラス・ダイニング」にて、ストロベリーデザートブッフェを開催。「いちごに恋するマスカレード」をテーマに、お嬢様気分が味わえる“オトナかわいい”スイーツが盛りだくさんに登場します

ビュッフェのテーマは「いちごに恋するマスカレード」


ヒルトン東京お台場の「シースケープ テラス・ダイニング」では12月26日から2018年3月15日まで、昨年も大好評だったストロベリーのスイーツプロモーションを開催。今年のテーマは「いちごに恋するマスカレード」~ストロベリーデザートブッフェ~。
 

“オトナかわいい”スイーツがいっぱい!

ヒルトンはランチとディナーの間を彩るスイーツタイムに、「わくわくするようなビジュアルインパクト」や「友達に自慢したくなるフォトジェニックなブッフェテーブル」を目指して、新たなスイーツ・エクスペリエンスを提供しているといいます。
 

今回、年間で最も人気があるストロベリーブッフェで、「お嬢様のマスカレードパーティー(仮面舞踏会)」の要素を取り入れた“オトナかわいい”デザートブッフェを実現。エントランスをくぐると、そこはお嬢様が愛するフォトジェニックなストロベリースイーツが広がるマスカレードパーティーの世界。ペストリーシェフが細部まで丁寧に創りこむストロベリースイーツは、最高にオトナかわいく、思わず写真を撮りたくなるような逸品ばかり。約30種類の華やかなデザートと、ドレスやマスク、シルクハットなどの装飾が、魅惑的な世界へと誘ってくれます。
 

SNSでシェアしたくなる?スイーツのネーミングにもご注目

仮面舞踏会では欠かせないバラをモチーフにした「わたくしのバラのカップケーキ」や、いちご型に盛り付けられた「もぎって召し上がれ 苺のモンブラン」、定番ケーキにチョコレートをたっぷりとかけた「フツウの恋には飽きたわ チョコレート・ストロベリーショートケーキ」など、見た目も味も魅力的なスイーツが盛りだくさん。ほかにも「優しくしてね♥ ストロベリースフレチーズケーキ」や「ほろ酔いもたまには許して ストロベリーとスパークリングロゼワインゼリー」など、世界観を構成するネーミングもユニークです。
 

期間中は、気分を盛り上げるマスカレードのマスクを写真撮影用に貸し出し、フォトブースも設置されるそう。マスカレードをテーマにしたコスチュームやアイテムを身に付けて来店した人にも特典があるなど、いつもとは違う世界を堪能できる様々な仕掛けも楽しみです。
 

「いちごに恋するマスカレード」~ストロベリーデザートブッフェ概要

  • 会場:ヒルトン東京お台場 シースケープ テラス・ダイニング(2階)
  • 期間:12月26日(火)~ 3月15日(木)
  • 時間:1部15:00~16:30 (90分) 2部16:45~17:30 (エクスプレスブッフェ45分)
  • 料金:
    1部 平日 大人3400円/子供2100円 土日祝 大人3900円/子供2350円
    2部 平日 大人 2350円/子供1400円 土日祝 大人2800円/子供1680円
    ※税金・サービス料別途 ※子供は6歳~11歳   
  • ウェブサイト
    http://hiltonodaiba.jp/plans/restaurants/4291


記事・動画協力:ルトロン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化