特別ゲストに前田亘輝さん、ハマスタで29回もライブを開催

特別試合「ハマスタレジェンドマッチ」で始球式をつとめたTUBE・前田亘輝さん(2017年11月23日撮影)
特別試合「ハマスタレジェンドマッチ」で始球式をつとめたTUBE・前田亘輝さん(2017年11月23日撮影)


横浜スタジアム(横浜市中区)で2017年11月23日(木・祝)に行われた、同スタジアムの改修記念特別試合「ハマスタレジェンドマッチ」で、人気バンド「TUBE(チューブ)」の前田亘輝さんが始球式を行った。前田さんは神奈川県出身アーティストで、同スタジアムで過去に29回もライブを行っていることから、特別ゲストとして招かれた。

「投げてみたい」と対戦相手に名将・権藤博さんを指名(2017年11月23日撮影)
「投げてみたい」と対戦相手に名将・権藤博さんを指名(2017年11月23日撮影)


前田さんは、今回が人生で初めての始球式。対戦相手として「特別な試合なので投げてみたい」と、1998年に横浜ベイスターズを日本一に導き、この日の特別試合でも「TEAM 1998」の監督をつとめた権藤博さんを指名した。投球前に靴ひもがほどけるというアクシデントに見舞われながらも、外角に投げて空振りに仕留めた。投げた球種は「権藤さんに教わったツーシーム」だったそう。


 

「夏男」前田さんと「お祭り男」中畑さんが夢の競演

ハマスタでおなじみ「スーパーバズーカー」に乗って登場(2017年11月23日撮影)
ハマスタでおなじみ「スーパーバズーカー」に乗って登場(2017年11月23日撮影)

特別試合のハーフタイムショーで、再び前田さんがグラウンドに登場。横浜DeNAベイスターズオフィシャルサポーティングガールズユニット「diana(ディアーナ)」のダンスとともにTUBEの代表曲『シーズン・イン・ザ・サン』を熱唱した。

1曲目はTUBEの代表曲『シーズン・イン・ザ・サン』を熱唱(2017年11月23日撮影)

1曲目はTUBEの代表曲『シーズン・イン・ザ・サン』を熱唱(2017年11月23日撮影)
1曲目はTUBEの代表曲『シーズン・イン・ザ・サン』を熱唱(2017年11月23日撮影)



「夏男」の異名をとる前田さん、「あいにく、今日のような肌寒い日に似合う曲を持ち合わせていないので……」と、2曲目『あー夏休み』を披露。サビの歌詞「あー夏休み」を「あーベイスターズ」に変え、観客と合唱した。

「あー夏休み」を「あーベイスターズ」に変えて観客と合唱(2017年11月23日撮影)
「あー夏休み」を「あーベイスターズ」に変えて観客と合唱(2017年11月23日撮影)

曲の途中で、横浜DeNAベイスターズの桑原将志選手と今永昇太選手が乱入、飛んだり跳ねたり、ダンスを披露したりと、一層盛り上げた。しまいには、高城俊人選手や、初代・横浜DeNAベイスターズの監督で、この日は「TEAM YOKOHAMA」の監督をつとめた中畑清さんまでもが巻き込まれてパフォーマンスに参加、「夏男」が「お祭り男」との競演を果たした。

『あー夏休み』の途中で桑原選手(左)と今永選手が乱入(2017年11月23日撮影)
『あー夏休み』の途中で桑原選手(左)と今永選手が乱入(2017年11月23日撮影)
驚異の跳躍力でパフォーマンスを盛り上げる今永選手(2017年11月23日撮影)
驚異の跳躍力でパフォーマンスを盛り上げる今永選手(2017年11月23日撮影)
前田さんにマイクを向けられ「あーベイスターズ」と歌う高城選手。スマートフォンを手に記念撮影も(2017年11月23日撮影)
前田さんにマイクを向けられ「あーベイスターズ」と歌う高城選手。スマートフォンを手に記念撮影も(2017年11月23日撮影)
「お祭り男」中畑清さんも巻き込まれ、華麗(?)なダンスを披露(2017年11月23日撮影)
「お祭り男」中畑清さんも巻き込まれ、華麗(?)なダンスを披露(2017年11月23日撮影)

特別試合の最終回に登板した大魔神・佐々木主浩さんのリリーフカーの運転手もつとめた(2017年11月23日撮影)

特別試合の最終回に登板した大魔神・佐々木主浩さんのリリーフカーの運転手もつとめた(2017年11月23日撮影)
特別試合の最終回に登板した大魔神・佐々木主浩さんのリリーフカーの運転手もつとめた(2017年11月23日撮影)


 

「ホッシーファミリー」など歴代の球団キャラクターも大集結

2012年3月、横浜DeNAベイスターズ誕生とともにベイスターズを卒業した「ホッシーファミリー」。左から、ホッシーゾ、ホッシーナ、ホッシー(2017年11月23日撮影)
2012年3月、横浜DeNAベイスターズ誕生とともにベイスターズを卒業した「ホッシーファミリー」。左から、ホッシーゾ、ホッシーナ、ホッシー(2017年11月23日撮影)

特別試合には、歴代の球団マスコットも大集結。横浜ベイスターズが誕生した1993年から約20年間に渡り活躍した「ホッシーファミリー」がグラウンドに登場すると、スタンドからは「懐かしい!」とひときわ大きな声が上がった。

夢の一戦を盛り上げた歴代の球団マスコットたち(2017年11月23日撮影)

夢の一戦を盛り上げた歴代の球団マスコットたち。左から、I ☆ YOKOHAMA シンボルキャラクター「CHAPY」、同「BART」、2012年~2016年に活動した「DB.ライダー」、横浜DeNAベイスターズ公式マスコット「DB.キララ」、同「DB.スターマン」、湘南シーレックスのマスコットキャラクター「レック」(2012年卒業)、「ホッシーファミリー」(2017年11月23日撮影)
夢の一戦を盛り上げた歴代の球団マスコットたち。左から、I ☆ YOKOHAMA シンボルキャラクター「CHAPY」、同「BART」、2012年~2016年に活動した「DB.ライダー」、横浜DeNAベイスターズ公式マスコット「DB.キララ」、同「DB.スターマン」、湘南シーレックスのマスコットキャラクター「レック」(2012年卒業)、「ホッシーファミリー」(2017年11月23日撮影)
黒いユニホームに流星ジャンプなどの奇抜なパフォーマンスで人気を博した伝説的マスコット「ブラックホッシー」も登場(2017年11月23日撮影)
黒いユニホームに流星ジャンプなどの奇抜なパフォーマンスで人気を博した伝説的マスコット「ブラックホッシー」も登場(2017年11月23日撮影)

2011年のパフォーマンスを最後に消息不明だったブラックホッシー。現役時代、攻防を繰り広げた佐伯貴弘さんを挑発し、なんとドロップキック!(2017年11月23日撮影)

2011年のパフォーマンスを最後に消息不明だったブラックホッシー。現役時代、攻防を繰り広げた佐伯貴弘さんを挑発し、なんとドロップキック!(2017年11月23日撮影)
2011年のパフォーマンスを最後に消息不明だったブラックホッシー。現役時代、攻防を繰り広げた佐伯貴弘さんを挑発し、なんとドロップキック!(2017年11月23日撮影)

佐伯さんは当時のようにプロレス技・ジャイアントスイングで応戦した(2017年11月23日撮影)

佐伯さんは当時のようにプロレス技・ジャイアントスイングで応戦した(2017年11月23日撮影)
佐伯さんは当時のようにプロレス技・ジャイアントスイングで応戦した(2017年11月23日撮影)


一日限りの夢の一戦に登場した、前田さんと歴代のキャラクターたち。来場した約2万3千人のベイスターズファンは大いに盛り上がった。

 

【関連記事】
ハマスタレジェンドマッチで大魔神・佐々木とDeNA筒香が直接対決!

横浜スタジアム、2020年までに約6千席増の増築・改修へ 回遊デッキも