羽田-オークランドは週3便、成田線も毎日運航中

ニュージーランド航空の日本路線では最新鋭のボーイング787-9型機で運航。成田に加え、7月21日から羽田にも就航する。

ニュージーランド航空が7月21日から、羽田-オークランドの路線に就航する。羽田発着の便は初。現在、毎日運航する成田-オークランドと合わせ、首都圏からニュージーランドへの直行便が1日2路線となる。
 

運航時間は、羽田発1時/オークランド着14時40分、オークランド発14時50分/羽田着23時。運航機材は最新鋭のボーイング787-9型機。便数は、羽田発が月・木・土、オークランド発が水・金・日の週3往復。

映画『ホビット』などのロケ地となったホビット村(Hobbiton)はニュージーランド屈指の人気観光スポット。

ニュージーランドは各地で自然にあふれ、ハイキングやアウトドアなどのアクティビティが楽しめる。また、近年はカフェ文化も盛んで、街歩きもおもしろい。治安も非常によいことで知られる。映画『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』のロケ地となり、世界中からファンが訪れる“聖地”ともなっている。
 

日本人に人気の外資系エアライン。エコノミー「スカイカウチ」が画期的

ニュージーランド航空は、日本人に人気が高い外資系エアラインの1つ。海外旅行検索・比較サイト『エイビーロード』が先に発表した「エアラインランキング2017」の総合満足度ランキングで、日本航空とANAに続き、3位にランクインした。

1列3シートがベッドのようになるエコノミー「スカイカウチ」。

まず、エコノミークラスでは、1列3シートがベッドになるエコノミー「スカイカウチ」が画期的。筆者も実際に成田-オークランドで搭乗して体験したが、足を伸ばして寝転がることができる、床に落ちる心配がないのは、長距離フライトでは疲れの度合いがまったく違い、オプション料金を支払っても乗る価値があると実感した。

ニュージーランド航空のエコノミークラス。機内エンターテイメントはラインナップが豊富で評判高い。

最新鋭のボーイング787-9型機の機内はまだ新しいのもあって清潔感があり、とても快適。機内エンターテイメントの種類も豊富で、タッチパネル操作で映画や音楽などが選べる。最新作はもちろん、映画『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』全6作品が常時揃うのも、ニュージーランド航空ならではだ。日本語が堪能な客室乗務員も最低1名乗務していて心強い。ニュージーランド産ワインがボトルでサーブされるのも、ワイン好きにはたまらない。
 

ビジネスクラスは“眠り”を重視したシート。ラウンジも要チェック

ビジネス・プレミアの機内食。ニュージーランド出身の人気シェフが監修する料理はレベルが非常に高い。

ニュージーランド航空の日本路線では、エコノミーのほか、ビジネス・プレミアとプレミアム・エコノミーの全3クラスがある。「ビジネス・プレミア」では、チョークカラー革製フルフラットベッドに、形状記憶マットレスと羽根布団で、他のエアラインと比べても“眠り”に力を入れている。こちらも実際に乗ってみて、ぐっすり眠ることができた。ニュージーランド出身の人気シェフが手がける機内食は、食材が新鮮かつ見た目がユニークなメニューで、とても美味しかった。
 

また、オークランド空港のラウンジも、出発前に楽しめるフードやドリンクが豊富に揃う。大きな窓からは滑走路やニュージーランドの光景が一望でき、緑を活かした内装もとても居心地が良かった。iPadのアプリを使ってオーダーするカフェもユニークだった。
 

10月30日から時間変更、同日乗り継ぎ可能でますます便利に

羽田-オークランドは10月30日から時間を変更し、日本各地からの同日乗り継ぎが行きも帰りも可能となる。

また、羽田-オークランド線は、10月30日からの冬季スケジュールでは、羽田発22時5分/オークランド着12時40分(翌日)、オークランド発23時5分/羽田着5時55分(翌日)と、出発と到着の時間が変更になる。便数は同じく週3往復。
 

この時間変更により、全国からの同日乗り継ぎが可能となり、ますます便利になる。国内線が充実する羽田空港を経由し、行きも帰りも前泊、後泊する必要がなくなるのは、地方在住者にとってありがたいのに加え、首都圏在住でも終電の時間を心配しなくていいのも大きいだろう。

日本からの直行便が到着するオークランドは、ニュージーランド随一の大都市。街歩きも楽しい。

使用機材も、ニュージーランドがオンシーズンとなる12月から、ボーイング777-200型機に大型化する。
 

なお、成田-オークランドも変わらず、週7往復で毎日運航中。関西-オークランドも昨年再開した季節運航便が10月27日から運航される。
 

【関連リンク】

ニュージーランド航空