将棋の藤井四段が最多タイ28連勝を達成!今後の予定は?

将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市の関西将棋会館で指された王将戦1次予選で澤田真吾六段(25)を破りました。これにより、30年前の1986~87年に神谷広志八段(56)が達成した公式戦連勝記録歴代最多の28勝に並ぶこととなります。

単独最多連勝記録がかかる次戦は26日

藤井
注目される藤井聡太四段(写真:報知新聞/アフロ)

将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市の関西将棋会館で指された王将戦1次予選で澤田真吾六段(25)を破りました。これにより、30年前の1986~87年に神谷広志八段(56)が達成した公式戦連勝記録歴代最多の28勝に並ぶこととなります。

参照:藤井四段が最多タイ28連勝 王将戦1次予選、澤田六段破る(共同通信)
 

歴代連勝記録は現在どのようになっているのでしょうか。日本将棋連盟のホームページの記録を参照した上で、藤井四段の記録を合わせると、21日17時半時点で、以下の通りとなっています。

  • 1位 28連勝 神谷広志(1986~87年)
           藤井聡太(2017年~継続中)
  • 3位 24連勝 丸山忠久(1994年)
  • 4位 22連勝 塚田泰明(1986年)
           羽生善治 22連勝(1992年)
           山崎隆之 22連勝(2002~03年)

なお、新記録をかけた次回の対局は26日、竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)と対戦します。
 

藤井四段旋風が吹き荒れる?

藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月(当時中学2年)でプロデビュー。20日に引退することとなった加藤一二三(ひふみ)氏(77)が持っていた14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替えて話題となりました。

参照:羽生善治も惑わせた“棒銀戦法”、加藤一二三の本質

 

また、6月には藤井四段が揮毫した扇子などが発売されましたが、即日売り切れとなり、さらにはオークションなどで販売されるといった現象も起こりました。

参照:売り切れ中の藤井聡太四段の扇子がオークションに…問題点は?

 

藤井四段、対戦した現役棋士はどんな印象を受けた?

さて、この藤井四段の強さの秘訣は何なのでしょうか。これに関して大分県将棋連合会・普及担当理事の有田英樹氏がAll Aboutの『藤井聡太四段は何がスゴイのか?現役プロ棋士に聞く』で解説をしています。
 

有田氏は、藤井四段が2017年1月26日に対局した豊川孝弘七段にもインタビューを敢行。その中で、豊川七段は藤井四段の印象について、「たしかに、若いのにしっかりした将棋を指すなって印象です。でも現時点で、たとえば“モノが違う”とかそういうことを語ることはできないんですよ」と語っています。
 

なお、藤井四段の強さの秘密や、藤井四段の指す将棋の楽しみ方についても、記事中で紹介しています。


参照:藤井聡太四段は何がスゴイのか?現役プロ棋士に聞く

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」