【実食レポ】ファミチキ生みの親の置き土産「黒幕引き丼」が発売!

ファミリーマートでは、昨年9月に会長職を退任した「ファミマの黒幕」上田準二氏の完全引退記念商品として、「黒幕引き丼」(税込498円)を発売。5月23日(火)夕方より、全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約18,000店で販売される。そこで、一足先に噂の丼を実食!気になるそのお味は!?

ファミマ不動の人気NO.1商品「ファミチキ」が初めて弁当に!

広告もインパクトあり
広告もインパクト満点!

真っ黒なパッケージもインパクト満点の「黒幕引き丼」。
 

5月23日(火)夕方から各店の店頭に並ぶことになる「黒幕引き丼」の広告に映るのは、2016年9月に会長職を退任したファミリーマートの上田準二元会長。上田氏が握りしめているのは……ファミチキ!
 

いまではファミリーマート不動の人気NO.1商品となっている「ファミチキ」。実は、上田氏が生みの親であることから、「ファミマの黒幕」上田氏の完全引退を機に(2017年にユニー・ファミリーマートホールディングスの社長職も引退)、初めて公式のアレンジ弁当として発売が決まったのだ。

ファミチキが丸ごと1個使われている

「ファミチキ」の誕生は、今から11年前。フライドチキンといえば骨付きが主流だった時代に、「鶏モモ肉の腰側にある、骨なしでジューシーな“サイ”の部分を使ってみては」という上田氏のアイデアから商品化された。昨年、10周年を迎え、これまで10億個以上を販売しているヒット商品だ。

パッケージ
弁当売り場でも一際目を引くパッケージ。

「黒幕引き丼」は、これまでファミチキとおにぎりを一緒に買っていた人や、自宅でおかずとして食べていた人にとっては、1食で両方とも味わえる理想的な商品。だが、それだけでは終わらない。ご飯が進んで止まらなくなる仕掛けが随所に潜んでいるのだ。
 

タルタル、ソース、カレー……。どこを食べてもご飯が欲しくなる!

接写
タルタルソースがたっぷり!

まずは、たっぷりとかかったタルタルソース。スパイシーなファミチキだけでもご飯が進むが、コクのあるタルタルソースとの組み合わせは最強。ご飯がいくらでも欲しくなる。
 

さらに、アクセントにきいているのが、ウスターソースを隠し味にした南蛮ダレ。ほのかな酸味と甘みが、ファミチキのジューシーな肉の旨みにマッチする。
 

そして、添えてあるキャベツは、ほんのりカレー風味。ファミチキ、タルタル、ソース、カレー。男性が好むと言われる味のオンパレードだ。シャキッとした歯ざわりも箸休めになって、口の中がリセットされる。
 

「ファミチキ丼」で新たな魅力も感じられる

まずはそのままファミチキを味わい、タルタルソースをたっぷりとつけてもうひと口。さらに、キャベツをのせて……と、いろいろな食べ方で味わえるのも楽しい。
 

ファミマの「ドン(黒幕)」と、「丼」をかけたこのお弁当は、「ファミチキ」の新たな魅力も感じられる商品だ。

見た目

■商品概要

商品名:黒幕引き丼

価格:税込498

発売日:523日(火)夕方より、全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約18,000店で販売

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」