5月1日からクールビズ!2017年の実施期間と服装のマナーは?

今年で13年目となるクールビズが5月1日から始まる。夏のイベントとしてすっかり定着してきているが、注意点や実施要項、狙いや由来、意味などを確認しておきたい。

クールビズの期間は5月1日から

今年で13年目となるクールビズが5月1日から始まる。環境省の発表によると、2017年度のクールビズ実施期間は5月1日から9月30日までとなっている。
 

クールビズの実施期間は当初は6月1日から9月30日だった。しかし、2011年の東日本大震災および東京電力・福島第一原子力発電所の事故を経て、前後1カ月ずつ拡大し、2015年度までは5月1日から10月31日となっていた。
 

なお、6月1日からは「スーパークールビズ」と称して、さらなる軽装や勤務時間のシフトを推奨。早朝勤務やフレックス勤務を導入する企業も、少しずつですが増えているといわれる。
 

クールビズとは

扇風機

そもそもクールビズ(COOL BIZ)とは、地球温暖化対策のため、平成17年度から環境省が提唱し始めたもの。「冷房時の室温が28℃でも快適に過ごせるライフスタイル」を指す。
 

クールビズというと「ジャケットを着用しない」「ノーネクタイの軽装で働く」というイメージが強いが、オフィスにおける服装だけでなく、早朝出勤など勤務時間の調整、空調など、節電のための様々な工夫が含まれる。
 

クールビズの由来・語源

クールビズは造語。平成17年2月、京都議定書が発効されたのをきっかけに、環境省の一般公募で選ばれたという。涼しい・かっこいいの意味のcoolと、ビジネスの略語であるbizを組み合わせた和製英語になる。
 

なお、似たような言葉で「省エネルック」がある。これは1979年、第2次オイルショックに大平正芳内閣(当時)が提唱した夏の軽装のこと。「半袖スーツ」など、お世辞にもおしゃれとはいえない服装で、普及しないまま失敗に終わっている。
 

クールビズの服装は?注意点やマナー

スーツ着用の職場に勤める人にとってはクールビズにおける服装が最も気になるだろう。オフィスマナーを守り、かつ涼しく快適に過ごすには、環境省が出している服装のガイドラインが参考になる。

表
環境庁によるクールビズ・スーパークールビズの服装におけるガイドライン(表は環境庁HPより/出典:All About

 

「ノーネクタイ・ノージャケットで半袖シャツ」がクールビズの基本的なスタイル。6月1日からのスーパークールビズ期間はポロシャツもOKとされている。
 

仕事の能率を下げずに快適に過ごす工夫をし、地球温暖化対策や節電に取り組んでみてはいかがだろうか。
 

参考記事

2017年のクールビズ期間はいつからいつまで?

▼男性向け

▼女性向け

夏本番!お金のかからない暑さ対策は!? 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」