ラーメンファンに愛されるイベントに定着した「ラーメン女子博」とは

「普段ひとりでラーメン店に入りにくい女性でも思う存分ラーメンを楽しめるように」との思いから始まった「ラーメン女子博(ラーメンガールズフェスティバル)」。2015年の第1回目は2日間で約3万人を動員し、翌2016年は会期を5日間に延長して約8万6千人を動員。ラーメン好きな女性だけでなく、多くのラーメンファンに愛されるイベントとして定着した。2017年も3月16日~20日の5日間、横浜赤レンガ倉庫 イベント広場(横浜市中区新港1-1)で開催される。ラーメン大好き女子はもちろん、男性も入場可。

「ラーメン女子博 '16」の様子。横浜ならではのロケーションで思う存分ラーメンが楽しめる(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)
「ラーメン女子博 '16」の様子。横浜ならではのロケーションで思う存分ラーメンが楽しめる(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)


 

年間600杯以上食べる森本聡子さんが厳選した12店舗が並ぶ

ラーメン女子博をプロデュースするのは、年間600杯以上のラーメンを食べ、 ラーメン大好きな女性限定でラーメン店を貸し切って大いに語り食べる「ラーメン女子会」を主宰する森本聡子さん。森本さんが選りすぐった12店舗が、ラーメン女子博のためにとっておきの1杯を用意する。

プロデューサー森本聡子さんは年間約600杯以上のラーメンを食べるラーメン女子。体型維持も視野にいれたラーメンライフにも注目が集まる(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)
プロデューサー森本聡子さんは年間約600杯以上のラーメンを食べるラーメン女子。体型維持も視野にいれたラーメンライフにも注目が集まる(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)


注目の出店ラインナップは以下の12店舗。

  • 雅楽(神奈川/あざみ野)×ど・みそ(東京/京橋他)のコラボ
  • 久留米ラーメン清陽軒(福岡/久留米他)
  • セアブラノ神(京都/壬生他)
  • 静岡のラーメン店6店舗からなるチーム静岡(静岡)
  • つけそば神田勝本(東京/水道橋・神田)
  • 煮干し中華そば一燈(東京/新小岩)
  • Noodle kitchenミライゑ(東京/赤羽)
  • 博多一幸舎(福岡/福岡他)
  • 麺場voyage(東京/蒲田)
  • 夢を語れ東京(東京/白山)
  • ラーメン桑嶋(東京/下北沢)
  • ラーメン風林火山(山形/鶴岡他)
雅楽×ど・みそのコラボ「伊勢海老味噌ラーメン」(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)
雅楽×ど・みそのコラボ「伊勢海老味噌ラーメン」(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)



レストランランキング上位の店舗、 東京初出店となる店舗、 地方創生のために出店する店舗、 海外進出の逆輸入店舗、 創業65年の老舗店舗などによる煮干し系・豚骨・魚介出汁・つけそば・まぜそば・二郎系といった味の幅広さ、 そして風味としてのトマトからパクチーまで、 進化し続けるラーメンの“最旬”が一堂に会する。ラーメン大好き女子たちもうなる、夢のコラボラーメンや女子博限定メニューは見逃せない。
 

アメリカからの逆輸入ラーメン「夢を語れ 東京」はガッツリ系。店主は横浜DeNAベイスターズの選手だった小林公太さん(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)
アメリカからの逆輸入ラーメン「夢を語れ 東京」はガッツリ系。店主は横浜DeNAベイスターズの選手だった小林公太さん(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)

ラーメンはすべて1杯900円。初めに「チケットステーション」でチケットを購入、もしくは事前にファミリーマート店内「Famiポート」で前売りチケットを購入し、各ラーメンブースに並ぶシステムとなっている。各店のトッピングは現金で支払う。
 

デザートにイケメン…ラーメン好きな女性にうれしいサービスも

会場で提供されるラーメンと同じビジュアルのケーキは毎年人気。画像は清陽軒(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)
会場で提供されるラーメンと同じビジュアルのケーキは毎年人気。画像は清陽軒(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)

ラーメンだけでなく、ラーメン大好き女子にうれしいサービスもいろいろ。女子会気分で楽しめる「女性専用エリア」を設けるほか、ヘアメイクなどが体験できる「ラーメン女子博スペシャルコラボブース」、「ラーメンラリー」女子博限定シール(はみがきラムネ付)の販売(1枚200円、ラーメン1杯につき5枚まで)、「スイーツパラダイス」とコラボした出品ラーメンを忠実に再現したケーキや日本初上陸スイーツAnywhere Door(エニウェアドア)、昨年人気だったMAX BRENNER CHOCOLATE BAR(マックスブレナーチョコレートバー)などのスイーツ販売、イケメン男性スタッフのサポートなど、とことん女性に特化したサービスが用意される。

ラーメン店を中心に大人気の「ラーメンラリー」から今年も女子博限定シールが登場(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)
ラーメン店を中心に大人気の「ラーメンラリー」から今年も女子博限定シールが登場(画像提供:ラーメン女子博実行委員会)

毎年、数時間待ちのブースも登場する、超人気ラーメンイベント。並んでも食べたい「ラーメン女子博」の人気の秘密を体感してみては。

 

■ラーメン女子博 '17 -Ramen girls Festival-
期間:2017年3月16日(木)~3月20日(月・祝)
時間:11:00~21:00(L.O 20:30) ※20日のみ20:00(L.O 19:30) まで
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
入場:無料
料金:ラーメン1杯900円(税込) ※要チケット購入
問い合わせ先:ラーメン女子博実行委員会 03−5545−9705(音声ガイダンス)
URL:ラーメン女子博 '17 http://www.ramengirls-fes.com/

※昨年の様子は⇒こちら