ゴールデン・グローブ賞発表!メリル・ストリープがトランプ批判

2017年1月8日(日本時間9日)、アメリカ・ロサンゼルスで「第74回ゴールデン・グローブ賞 授賞式」行われた。

2017年1月8日(日本時間9日)、アメリカ・ロサンゼルスで「第74回ゴールデン・グローブ賞 授賞式」行われた。日本では、授賞式の様子を海外ドラマ専門チャンネル AXNが独占生中継していた。なお、14日19時から字幕版で再放送するという。

  

テレビドラマの作品賞は「ザ・クラウン」

ゴールデン・グローブ賞は1944年、ハリウッド外国人記者協会が、前年に発表された映画・テレビ番組の中から優れた作品を表彰する場として設立した歴史と伝統のあるアワード。

  

テレビの部では、イギリスのエリザベス女王2世の時代、歴史的事件に隠されたドラマを描くドラマ「ザ・クラウン」がドラマ部門の作品賞を受賞。エリザベス女王2世を演じたクレア・フォイが女優賞を受賞し、合計2部門での受賞を果たした。

 

またトム・ヒドルストン主演のイギリスのドラマ「ナイト・マネジャー」は、リミテッドシリーズ/テレビムービー部門で男優賞(トム・ヒドルストン)、助演女優賞(オリヴィア・コールマン)、助演男優賞(ヒュー・ローリー)の3部門を受賞した。

 

ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」は最多7部門受賞

エマ
エマ・ストーン(AXNジャパンリリースより)

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」がコメディ/ミュージカル部門作品賞など最多の7部門を受賞し、ノミネートされたすべての部門を制した。映画の部 ドラマ部門 作品賞は、ブラッド・ピットがエグゼクティブプロデューサーを務め、マイアミの貧困地区で暮らす少年の成長を描いた「ムーンライト」が受賞した。

 

メリル・ストリープがセシル・B・デミル賞を受賞

メリル
メリル・ストリープ(AXNジャパンリリースより)

業界に長年貢献した人を表彰するセシル・B・デミル賞は、今回も映画「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」で映画の部 コメディ/ミュージカル部門 女優賞にノミネートされ、通算30回ノミネートされているメリル・ストリープに贈られた。

なお、メリルの受賞スピーチでは“侮蔑は侮蔑を招き、暴力は暴力を駆り立てる”と訴え、ドナルド・トランプ次期アメリカ大統領を暗に批判。なおメリルに対してトランプ氏は反論するツイートをするなど話題となっている。

  

■受賞結果概要 

受賞結果一覧 AXNウェブサイト http://axn.co.jp

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」