「実物大ガンダム像」2017年3月に展示終了 新プロジェクト始動へ

バンダイナムコホールディングス、バンダイ、サンライズ、創通の4社は1日、お台場のダイバーシティ東京 プラザ2Fフェスティバル広場に設置している実物大ガンダム立像の展示を2017年3月5日(日)までで終了することを発表した。

バンダイナムコホールディングス、バンダイ、サンライズ、創通の4社は1日、お台場のダイバーシティ東京 プラザ2Fフェスティバル広場に設置している実物大ガンダム立像の展示を2017年3月5日(日)までで終了することを発表した。

 

また、同施設内7Fで営業している「ガンダムフロント東京」も、4月5日(水)までの営業となるという。

 

ガンダム
ダイバーシティ東京 プラザに登場したガンダム

  

実物大ガンダム立像は「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」で、2012年4月に設置された。なお、5年間継続してきた臨海副都心エリアの活性化を推進する「TOKYO ガンダムプロジェクト」も一旦終了することになるという。

  

4社によると、新プロジェクトが現在準備中だとしており、改めて発表があるという。

 

【関連リンク】

実物大ガンダム:来年3月で終了、撤去へ 「TOKYO ガンダムプロジェクト」いったん終了

ガンダムが見守る 『ダイバーシティ東京 プラザ』

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化