トヨタC-HRを年末に発売

C-HR
デザインに力を注いだというトヨタC-HR。2016年年末の発売が予定されている

  

最近の国内マーケットは、全長4.3m台までのコンパクトSUVが人気を集めていて、このクラスの中でも大小サイズが揃いつつある。日本車でいえば、いま最も売れているSUVであるホンダ・ヴェゼルを筆頭に、日産ジューク、マツダCX-3などが代表格だ。

  

こうしたコンパクトSUVは、セダンやワゴン、コンパクトカーでは飽き足らない層から支持を集めていて、トヨタによると購入理由や愛車のイメージは「デザイン」や「スポーティ」、「運転を楽しめる」というキーワードが並ぶという。

  

さて、2016年の年末についに登場するトヨタC-HRは、プリウスと同じ「TNGA」と呼ぶプラットフォーム(クルマの作り方の姿勢や人材育成なども含む大きな定義)を使った第2弾。プリウスをベースとしたSUVで、そう聞くと「燃費」を思い浮かべる人が多いだろう。

  

燃費重視のハイブリッド、走りをより楽しめる1.2L直噴ターボ

ボディサイズ
ボディサイズは全長4360×全幅1795×全高1550mm(FF)。ホイールベースは2640mmと長めだが、最小回転半径は5.2mに抑えられている

  

1.8Lのハイブリッド仕様(FFの2WDのみ)はプリウスと同じシステムで、エンジンやモーターなどのスペックも同値だ。JC08モード燃費や車両重量などは発表されていないが、燃費を重視した仕様になっている。

  

また、オーリスに採用されている1.2Lの直噴ガソリンターボも用意される。こちらはメカニカルな4WDのみ。なお、1.8Lエンジンを積むハイブリッド仕様にプリウスで採用されているモーター駆動の「E-four」と呼ぶ4WDは設定されない。プリウスよりも重いC-HRだけに、プリウス用をそのまま流用するとモーター容量などが足らないそうだ。

  

グレード構成は、充実装備の「G」と「G-T」、標準グレードの「S」、「S-T」を設定し、装備では「Toyota Safety Sense P」を標準装備するほか、ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラート、クリアランスソナー&バックソナーなどを設定している。なお、試乗すると斜め後方視界の死角が大きく感じられるので、こうしたドライバーサポート機能は必須だ。

  

乗り心地もハンドリングもハイレベル

パーソナル感がある
プリウスと比べると、高めのアイポイント、そしてドライバーを優先させたレイアウトでSUVらしいパーソナル感がある

  

発売に先駆けて伊豆にある日本サイクルスポーツセンターで試乗する機会を得た。路面が良好でしかも自転車用コースなどで公道とは感じ方が異なるが、それでも欧州各地で走りを鍛え上げてきたという(4WD仕様はテストコースのみだそう)だけあって、スポーティな外観にふさわしい軽快な走りが楽しめるし、また乗り心地の良さも感じられた。

  

前席のシートサイズ
前席のシートサイズは大きめ。ファブリックと本革を設定する

  

居住性は前席優先設計、たとえば大きなフロントシートによる、後席の前方視界の悪さなども挙げられる一方で、後席も足元は広く、背もたれの天地高も十分に採られている。ハイブリッド仕様でも前席下に足を入れられるので、空間自体の広さはライバルに比べて負けていない印象。

  

ヴェゼルほどの広さ感はないが、CX-3やジュークよりは1クラス大きい。大人4人の移動から小さな子どもが2人いるファミリーまで幅広い層に対応するだろう。

  

後席
後席は外観から想像するよりも広い

  

すでに発売前の受注も開始されているトヨタC-HR。まだディーラーに試乗車は配備されていないが、11月26日に富士スピードウェイで先行試乗会も開催されるそうだから気になる人はトヨタの公式ホームページをチェックしてみてはいかがだろうか。