不思議な相性に着目、ポップコーンとかつお節が奇跡のコラボ

ジャパンフリトレーとTOHOシネマズのプロジェクトによる映画館専用ポップコーンブランド「シネマイク」の新たなフレーバー、「シネマイクポップコーン ヤマキ かつおだし味」が、2016年11月11日により全国のTOHOシネマズ65劇場にて販売される。価格は360円(税込)。

ジャパンフリトレーとTOHOシネマズのプロジェクトによる映画館専用ポップコーンブランド「シネマイク」の新たなフレーバー、「シネマイクポップコーン ヤマキ かつおだし味」が、2016年11月11日により全国のTOHOシネマズ65劇場にて販売される。価格は360円(税込)。

  

同商品は、かつお節・だしの価値を掘り下げ、さまざまな需要の創造に努めているヤマキとのコラボによって誕生。ポップコーンとかつお節の不思議な相性に着目し、かつお節本来の香りとうま味、風味を活かした「かつおだし」が楽しめるポップコーンに仕上がっているとのことだ。

 

ヤマキ株式会社の公式リリース

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」