資生堂が保育事業へ参入 JPホールディングスと合弁会社設立へ

資生堂は1日、保育事業のJPホールディングスと、2017年2月をめどに、事業所内保育所の運営受託を事業の柱とした合弁会社を設立すると発表した。

資生堂は1日、保育事業へ参入し、子育て支援事業を行うJPホールディングスと、2017年2月をめどに、事業所内保育所の運営受託を事業の柱とした合弁会社を設立すると発表した。資生堂は「事業所内保育所設置に関するコンサルティングや運営受託を通じて、未来を担うこどもたちの健やかな成長と、仕事と子育てを両立する保護者の双方にとって最適な保育事業に取り組む」としている。新会社の出資比率は資生堂が51%、JPHDが49%。

記者会見
記者会見する資生堂の魚谷雅彦執行役員社長(左)、JPホールディングスの荻田和宏代表取締役

  

資生堂では、掛川工場の敷地内に事業所内保育所を2017年秋に新設することを計画しており、新会社の受託第一号となる予定。同保育所は、資生堂社員のみならず、工場周辺の住民も利用できる保育施設にするとしている。掛川での取り組みを生かし、今後の事業受託につなげる考えだという。

 

公式リリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」