松坂屋銀座店跡地に商業施設「GINZA SIX」 2017年4月20日開業へ

J.フロントリテイリング、森ビル、L Real Estate、住友商事の4社は26日、東京・銀座で開発を進めている新大型商業施設の名称を「GINZA SIX(ギンザ シックス)」と命名し、2017年4月20日に開業することを発表した。

J.フロントリテイリング、森ビル、L Real Estate、住友商事の4社は26日、東京・銀座で開発を進めている大型複合施設の名称を「GINZA SIX(ギンザ シックス)」と命名し、2017年4月20日に開業することを発表した。

記者発表会
4社が記者発表を行い、複合施設の名称を「GINZA SIX」となったことを明らかにした

 

複合施設は、松坂屋銀座店跡地を含む約1.4ヘクタールで開発され、地下6階、地上13階。商業フロアやオフィスフロア、文化交流施設「観世能楽堂」、屋上庭園などで構成される。そのほか、観光客向けに観光案内やチケット発券、免税、手荷物預かりといったサービスをワンストップで行う「ツーリストサービスセンター」や観光バス乗降所なども備わる。

外観
外観のイメージ。建築家の谷口吉生氏が設計した

 

気になる商業フロアの売り場面積は銀座エリア最大級の4万7000平方メートルで、ファッションブランドや飲食店など241 店が出店。そのうち122店が旗艦店(フラッグシップショップ)、つまりブランドの広告塔の役割を持つ店舗としての出店となるという。

内装のイメージ
内観イメージ。商業施設の共用部インテリアデザインはグエナエル・ニコラ氏が担当した

 

銀座の象徴である中央通り側には、クリスチャン・ディオールやセリーヌといった海外のラグジュアリーブランドが大型メゾネット店舗を構える。日本初出店は11店、蔦屋書店など銀座初出店となる店舗も81店となっており、注目したい。

 

公式サイト

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」