旦那さんが大好きすぎる! 離婚とは無縁な夫婦でいるためのヒント

「旦那さんが大好きすぎる」「結婚してさらに妻を好きになった」「離婚なんて考えられないくらい幸せ」、そんな仲良し夫婦はたしかに存在します。夜の営みや離婚を防ぐ喧嘩の乗り越え方など、夫婦円満の秘訣をまとめました。

 

妻から「旦那さんが大好き!」と言われる夫の特徴

妻への愛情や感謝の気持ちを言葉で伝える

妻を幸せにするも不幸にするも、夫の言葉次第。妻への愛情や感謝の気持ちを、きちんと言葉にして伝えてみましょう。夫の何気ない一言で、妻は幸せになれるもの。「旦那さん大好き度」もどんどん積み重なっていきます。

 

妻と自分の母親を比べない

離婚の原因にもなりかねない「マザコン夫」。妻からすれば、自分と母親とを比べてほしくないものです。いつまでも「夫が大好き妻」でいてもらうためには、絶対に気をつけたいところです。

 

夫から「奥さんがいちばん!」と言われる妻の特徴

夫をあたたかくねぎらう

ある調査によると、妻が思っている以上に夫へのねぎらいや感謝の気持ちは伝わっていないそう。日常の小さな工夫で、愛情や感謝の気持ちを伝えることで、パートナーを癒すことができます。

 

いつまでも女性らしさを忘れない

「色気」は年齢も容姿も不問。誰でもいつでも、自分の「色気」を意識すれば、上手に高めていくことができます。いつまでも自分が女性であることを忘れず、外見や仕草に女性らしさを宿し続けましょう。そんな妻なら、旦那さまは何度でも惚れ直すはずです。

 

親しき中にも礼儀あり、を心がける

既婚男性に聞いた「愛が冷めた妻の行動」をご紹介します。緊張感がなくなってぽろっと垣間見えた本音など、意外な妻の姿で100年の愛も一気に冷めることがあります。度が過ぎると不倫や離婚にもつながりかねませんのでご注意を。

 

いつまでも夜の営みを楽しむ秘訣

固定概念にとらわれない

「昔のように」とか「若いころのように」という過去のイメージを追いかける必要はありません。大切なことは固定概念にとらわれないこと。ラブラブ夫婦は、今の2人にふさわしい「自由形でセクシーでエロなコミュニケーション」の形を探し、実践しています。

 

子供がいても、夜の営みを楽しむ場所や時間を見つける

産後はセックスレスに陥りやすいタイミングの1つ。「子供が一緒に寝てるのに、どうやってHをしたらいいの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか? 子供がいるからと諦めずに、夫婦で一緒に、夜の営みを楽しめる場や時間帯がないか考えてみましょう。

 

夫婦の寝室を「ラブホ化」してみる

寝室を有効に活用できれば、夫婦の愛もぐっと高まります。そのためにおすすめなのが、寝室のエンタメ化。寝室は夜に睡眠をとるだけの部屋だと思わず、夫婦で遊んだり、癒されたり、もちろんセックスもしたり、極端にいえばラブホ化してしまうのはどうでしょうか。大好きな夫、妻と2人きりの空間を楽しみましょう。

 

寝室では名前で呼び合う

寝室で「パパママ」と呼び合っていると、セックスレスや、夫のEDを誘発する可能性も。夫としては、妻を女性として意識できなくなってしまうのです。大好きな旦那さまといつまでも男女の関係で夜の営みを楽しみたいなら、まずは名前で呼び合うようにしましょう。

 

最悪、離婚!? 夫婦喧嘩をうまく乗り越える秘訣

お金について、将来の計画や目標を共有する

「お金」はときに「愛情」以上に夫婦仲に大きな影響を及ぼします。金銭的な問題が理由で離婚に至る夫婦も、もちろんいます。「何のためにお金を節約しているのか」「今の我慢が将来の何につながるのか」を具体的に想像し、共有しておきましょう。そうすることで、喧嘩も予防でき、将来の資産的な安心につながります。

 

夫婦喧嘩のルールを決めておく

夫婦喧嘩は、起きた後のギクシャクやイライラを上手に収めて、夫婦関係を早く日常に戻すことが大切。そうすれば、離婚などの大事には至りません。時間制限を設けるなど、多くのご夫婦に適用できる鉄板なテクニックをご紹介します。

 

謝罪の言葉にスキンシップを添える

夫婦ならではの、スムーズな謝り方のコツは、謝罪の言葉にスキンシップを添えることです。後ろからハグする、前から抱きしめる、手をつなぐ、腕をからめる、肩を抱きよせるなど。もともとは大好きな夫、妻です。夫婦だからこそ深刻になりがちな喧嘩ですが、夫婦だからこそ使えるテクニックで、上手に乗り切ってくださいね。