寝具選びに悩む人へ!低反発でも高反発でもない「優反発」のエムリリーのマットレスで極上の寝心地を体験

「寝心地が悪い」「自分にぴったりの寝具が見つからない」というお悩みに、「優反発」のエムリリーのマットレスはいかがでしょうか。体の各部位の重みを受け、負担がかからないように体に沿ってなじむ特徴があります。ふんわり感と寝返りのしやすさで、快眠へと導きます。(執筆/All About「カイロプラクティック理学士 / 肩こり・腰痛」ガイド:檜垣 暁子)

「朝、スッキリ目覚められず体調がいまひとつ」という時に、マットレスが体に合っていないのでは、と思うことはありませんか? 今回はマットレス選びに悩む人に向け、極上の寝心地「優反発マットレス」のリポートをお届けいたします。

体に優しいマットレスの条件を満たした「エムリリーマットレス」

1
11センチの厚さの「優反発」マットレス
「睡眠をとっても体が重い。起床時に筋肉がこっている気がする」などのお悩みがあり、使用中の寝具が体に合わないのではという相談を施術院にくる患者さんから受けることがあります。実際に確認してみると自覚以上に体が酷使されていて、質の良い休息・睡眠により、疲れを癒す必要があるというケースも少なくありません。今回筆者が体験したエムリリーのマットレスは、快眠に必要なマットレスの条件を満たした製品です。まず、理想的なマットレスのポイントを6つあげてみましょう。

1.寝姿勢において、不快な圧を感じる部位がない(例:骨盤部の当たり具合が強く腰が痛む など)
2.寝返りがしやすい
3.負担が少ない寝姿勢を保つことができる
4.寝姿勢において、体の一部が沈み込む・隙間ができるといったことがない
5.自然と力を抜くことができる
6.通気性が良い

睡眠中、体に負担が生じている可能性がある

2
キャプション
下記は、目覚めた時や起床後に活動を始めた時に感じやすい症状です。寝具を使用し、適正な室温、静かな部屋で、しっかりと睡眠時間を確保しているのに、下記に当てはまる項目があるという人は、睡眠中に体の力を抜くことができず、体のどこかに負担がかかった状態かもしれません。

・目覚めた時に首・背中・腰など、体に痛みを感じることがある
・起床時、肩こりが強まったような感覚がある
・起床後、頭重感・頭痛がある 
・スッキリ目覚めることができない 
・全体的に体が重い・足の疲れが抜けない
・日中、眠気が強い 

こうした困りごとは、使用するマットレスが体に合わないことで起こる場合があります。それでは、体に合うマットレスとはどのようなものでしょうか? その答えを製品化したものが、エムリリーマットレスではないかと思いました。筆者が初めてエムリリーマットレスにあおむけで寝た時、自然に体の力が抜けていき、マットレスが体にフィットして、包み込まれる心地良さを感じました。脱力した体がふんわりサポートされているためか、足が疲れていることにも気付くことができました。マットレスの圧による痛みや不快感もなくとても快適です。体が沈み込まず、適度な反発によるサポートで軽々寝返りをうつことができました。

極上の寝心地の秘密は独自の「優反発フォーム」と「高反発オープンセル」

3
「優反発」の構造
満足度の高い寝心地と体を預けられることへの安心感は、独自の「優反発フォーム」と「高反発オープンセル」の二層構造により得られます。「優反発」を「低反発」「高反発」と比較してみました。重さの異なる2つのダンベルは、体の部位に例えられます。理想の寝姿勢は立位姿勢が再現され、頭部・殿部・足の重心線が平行になります。比較実験では、板は平行のまま、かつボールは静止していることが理想的です。
 
「低反発」は沈み込みやすい
「低反発」は沈み込みやすい
柔らかく体に優しいイメージがある「低反発」は、重みのある腰部・骨盤部が沈み込むため、負担のかかる寝姿勢になります。画像のように軽い部位より重い部位が沈み、ボールが転がってしまいます。腰がつらい人は、寝返りをうつ時にも頑張りが必要になる可能性があります。
 
5
「高反発」は体の一部が浮きやすい
一方「高反発」は反発する力が大きく、背中や殿部が持ち上がることで、浮く部位が出てしまい、リラックスしづらくなる可能性があります。板は平行にならず、ボールは転がってしまいました。
 
5
「優反発」は理想的な寝姿勢をキープ
エムリリーマットレスの「優反発」はこの通り、板は平行のままボールは転がりませんでした。マットレスに体を預けた際、瞬時に体に合わせて反発するため、ふんわりと体になじみ理想的な寝姿勢を保ちます。それは、就寝時の心身リラックスへ繋がり、睡眠の質を高めて起床時の体の痛み予防にも役立ちます。
 
5
通気性の検証でも優秀な「優反発フォーム」
さらに、「優反発」マットレスの通気性についても検証してみました。「低反発」と「優反発」のそれぞれに下から風を送ると、「低反発」は筒の中の羽毛が動きませんでしたが、「優反発」は通気性が良いため筒の中の羽毛が舞っていました。この通気性の良さにより、通年、快適な寝具として使用できることが分かります。
 

体に合わせてフィットする「エムリリーマットレス」で快適な一日のスタートを!

6
キャプション
エムリリーマットレスは、世界110か国で展開され、アスリートも遠征先で使用するなど、ファンが多いブランドです。うれしいもうひとつのポイントは、抜群の寝心地であるのに価格帯がお手頃なこと。3つのラインアップがあり、ご自身の使い方や好みに合ったマットレスを選ぶことができます。睡眠環境を整え、疲れを癒して快適な一日のスタートを切れるように、理想的な寝姿勢で眠りにつきましょう。